注目のスタートアップ

不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release」開発の「GOGEN」が1億円調達

company

2022年4月21日、GOGEN株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

GOGENは、不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」を開発しています。

物件の登録から引き渡しまでの不動産売買に係る一連の取引で発生する契約手続きを実施できる電子契約・契約書管理サービスです。

電子署名を行う書類だけでなく、捺印が不要な書類、その他の取引に必要な書類についても、物件・案件ごとに整理・管理・閲覧・ダウンロードすることができます。

電子署名・書類保管にはSMBCクラウドサインを利用しています。

「Release」のリリースは2022年6月を予定しています。

今回の資金は、開発強化、人材採用、マーケティングなどに充当する予定です。

契約は、不動産業界だけでなく、すべての企業運営において重要な業務のひとつです。しかし、契約書業務では、1枚ごとの押印や、適切な保管、印刷・郵送などの多くの手間がかかっており、効率化のニーズが高い領域といえます。特に不動産取引においては何枚もの契約書が必要となるため非常に多くの手間がかかっています。

不動産業界では、2021年5月19日に公布された宅地建物取引業法の一部改正により、重要事項説明書などへの押印が不要となり、書類・契約書の電子交付も可能となります。施行はまだ(2022年4月22日時点)ですが、公布から1年以内に施行されることになっているため、2022年5月から不動産取引の電子契約が本格化することになります。

これに伴い、契約書への電子署名だけでなく様々なオンライン化が進んでいくと考えられます。不動産業界にとってはデジタル化のまたとない機会であり、不動産テックは様々なプレイヤーがひしめく活気のある領域となっています。

GOGENは、不動産売買において、電子契約と契約書管理に特化したサービス「Release」を開発しています。これまでの契約書作成はそのままで、特に負担の大きかった捺印や書類管理をデジタル化することで、最小限の手間で効率化・コストカットを実現することを目的としています。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GOGEN Release レリーズ 不動産 取引 売買 契約 契約書 株式会社 管理 資金調達 電子契約 電子署名
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ゲノム医療情報ベンチャーの「Genomedia」が資金調達
Genomedia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、住友商事株式会社、シップヘルスケアホールディングス株式会社、Aflac Ventures LLCです。 医療機関、研究機…
企業のメンタル・ヘルス課題を解決するクラウド・サービス提供の「メンタルヘルステクノロジーズ」が2.4億円調達
2020年4月27日、株式会社メンタルヘルステクノロジーズは、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 働き手のメンタル・ヘルス予防のためのクラウド・サービス「ELPISシリーズ…
インバウンド事業者向けコワーキング・スペース「インバウンドリーグ」東京オフィスが開設
2019年7月8日、ファインピース株式会社は、「インバウンドリーグ」に2019年7月から東京サテライトオフィスを設定したことを発表しました。 「インバウンドリーグ」は、ベンチャー企業やインバウンド事業…
衛星データ解析システム開発の「スペースシフト」が5億円調達
2021年2月16日、株式会社スペースシフトは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星データ解析システムの開発を行っています。 開発する新たな方式では、専門家でも判読が難しいSAR衛…
精神疾患向けのVRを活用した治療手法を開発する「BiPSEE」が2.5億円調達
2021年10月7日、株式会社BiPSEEは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 VR技術と医学的エビデンスにもとづいた、精神疾患治療向けの「VRデジタル治療薬」を開発して…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ