注目のスタートアップ

視線計測型VR検査機器を開発する「ニューラルポート」が資金調達

company

2022年4月15日、株式会社ニューラルポートは、資金調達を実施したことを発表しました。

大阪大学発の研究開発型スタートアップで、視線計測型VR検査機器の開発を行っています。

心理・精神科の領域において、VRゴーグルによる視線計測を用い、メンタルヘルス領域の課題解決に取り組んでいます。

今回の資金は、視線計測型VR検査機器の研究推進に充当されます。

「Meta Quest」にも視線計測ツールが搭載される予定であり、今後「Meta Quest」にも同様のアプリケーションを実装できるよう開発を推進していきます。

アイトラッキング(視線計測・追跡)とは、その言葉のとおり視線の動きを捉える技術のことです。

スティーブン・ホーキング博士は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)によって身体が不自由だったのですが、晩年はアイトラッキングと意思伝達装置によって文章を書いて意思伝達を行っていたことは有名です。

このアイトラッキングは医療・福祉以外にも様々な場所で活用されていますが、近年はVRでの没入感の向上のためにも活用できると注目されています。

現実の我々の視界は、見たいものにピントが合い、それ以外はぼやけています。アイトラッキングを搭載していないVRゴーグルでは、映像すべてがはっきりと映るため現実と異なってしまい、違和感を抱かせる原因となっています。アイトラッキング機能を搭載し、装着者の視点に応じて映像の描写を変えることで、より現実空間に近い映像表現が実現されるのです。

VRゴーグルで大きなシェアを持つ「Meta Quest」シリーズ(旧:Oculus Quest)は近々アイトラッキング機能の搭載を予定していますし、「HTC VIVE Pro Eye」などすでにアイトラッキング機能を搭載したデバイスも販売されています。

アイトラッキング技術は、ストレスの測定や認知症の早期発見ができることが研究によって明らかになっています。5G時代ではVRゴーグルは大きく普及することが見込まれており、それに伴い、VRゴーグルを活用した簡易的なメンタルヘルス診断なども普及すると考えられます。ニューラルポートがメンタルヘルス領域においてどのようなサービスを展開していくのか注目が必要です。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ VR VRゴーグル VRデバイス アイトラッキング メンタルヘルス 医療 株式会社 検査 機器 研究開発 視線 計測 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

集金業務のキャッシュレス化・DXの「エンペイ」が4億円調達
2021年4月1日、株式会社エンペイは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 保育園・こども園・幼稚園・学校・塾・習い事教室などに特化した集金業務支援サービス「enpay(エンペイ)」を…
AIを活用して薬剤耐性菌問題の解決を目指す「GramEye」がNEDO研究開発型スタートアップ支援事業(STS)に採択
2022年3月30日、株式会社GramEyeは、NEDOの2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援(STS)」に採択されたことを発表しました…
宿泊ギフトサービス「StayGift」提供の「トリピ」が1,200万円調達
2022年2月24日、株式会社トリピは、1,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2021年10月28日には、総額3,800万円の資金調達を実施しています。 トリピは、宿泊ギフトサ…
マーケティング・プラットフォーム構築サービス提供の「マイクロアド」とSIerの「SCSK」が資本業務提携
2021年5月10日、株式会社マイクロアドは、SCSK株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 サイバーエージェントの連結子会社であるマイクロアドは、マーケティング・プラットフォーム構…
リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」において経歴詐称などの不正を検知する「経歴調査プラン」が提供開始
2021年11月30日、株式会社Parameは、「Parame Recruit」において「経歴調査プラン」の提供を新たに開始したことを発表しました。 「Parame Recruit」は、Parameが…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ