コミュニケーション・ロボット「OriHime」など開発の「オリィ研究所」が5億円調達

2020年10月15日、株式会社オリィ研究所は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

以下の製品・サービスを開発・提供しています。
・遠隔操作で自由自在に動かせる小型分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の開発・提供
・視線入力システムによる意思伝達装置「OriHime eye+Switch」の開発・提供
・遠隔操作での肉体労働を実現する「OriHime-D」の開発と、それを用いた分身ロボット・カフェの実施
・外出困難者の新しい働き方を開拓することを目的とした就労支援サービス「アバターギルド」の開発

今回の資金は、今後計画されている新プロダクトの量産体制や、ハードウェア・サービスの開発体制、営業・マーケティングの人材採用の強化、外出困難者の就労支援事業の推進、分身ロボット「OriHime」の普及、将来に向けた研究開発に充当されるようです。

会話や動作を通して人間とのコミュニケーションを図れるロボットであるコミュニケーション・ロボットは、飲食店や家電量販店など、様々なところで見かけるようになりました。

コミュニケーション・ロボットは人手不足の解消や、セラピー効果による健康寿命を延ばす介護予防としての活用が期待されています。

たとえば、ロボットとの会話により、口腔機能の向上や、認知機能の低下予防に効果があります。また、将来的には、物を拾ったり運んだりする、生活支援への活用も期待されています。

革新的なプロダクトの開発には、潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ OriHime オリィ研究所 コミュニケーション ロボット 就労支援 株式会社 視線入力システム 資金調達 遠隔操作 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ