注目のスタートアップ

映像クリエイターの学び・仕事・つながりをサポートする「Vook」が「日本テレビHD」から4億円調達

company

2023年9月27日、株式会社Vookは、4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、日本テレビホールディングス株式会社です。

Vookは、映像制作ナレッジ共有サービス「Vook(ヴック)」を軸に、映像制作者に特化した人材紹介サービス「Vook キャリア」、映像スクール「Vook School」など映像クリエイターの学び・仕事・つながりをサポートする各種事業を展開しています。

Vookと日本テレビは今回の資本業務提携により、クリエイター向けイベントや、「Vook school」の新コース開発など、Vookの既存事業促進の加速と、新たな事業展開に取り組んでいきます。

今回の資金は、「Vook」「Vook キャリア」「Vook school」の3つの事業の体制強化を図るための人材採用、マーケティングの強化に充当します。


経済産業省「コンテンツの世界市場・日本市場の概観」(2020年2月)によると、2018年の日本のコンテンツ市場規模は約10.6兆円で、世界のコンテンツ市場規模は約128.8兆円です。

とくに映像コンテンツは、世界市場の44%、日本市場の33%を占めており、コンテンツ市場においてかなりの影響力を持っていることがわかります。

映像コンテンツには、映画や・ドラマなどのフィクション作品から、ドキュメンタリー、報道、企画物、CM、MV(ミュージックビデオ)、Vlog(ビデオログ)など多岐にわたるジャンルがあります。

近年は、YouTubeなどの動画共有プラットフォームが普及し、一般ユーザーや企業がスマートフォンなどで撮影・編集した動画を気軽に発信できる環境が整っています。

5Gの普及によって動画はさらに扱いやすいメディアとなることが想定され、今後ビジネスにおいても日常生活においても影響力のあるメディアとしてさらに成長していくと考えられます。

こうした背景のもと、Vookは映像クリエイターの輩出・成長・キャリア形成などを一体的に支援しています。

株式会社Vookのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Vookよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

映像がさまざまなコミュニケーションのインフラとなる社会の早期実現に向け、映像クリエイターの人材不足という社会課題の解決をすべく、現在提供している『Vook』『Vook キャリア』『Vook school』3つの事業の体制強化を図ることが目的です。

・今後の展望を教えてください。

日本テレビ様との協働で、長期的に目指す社会的インパクトとして「映像の力で社会を変える」を設定しました。

人材不足解消などの社会的課題の解決による「社会的インパクトの実現」と「事業の持続性を担保する経済的リターン」の両立を追求するインパクトスタートアップとして、映像業界に変革をもたらす事業を展開していきたいと考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

今回、Vookがこれまで取り組んできた事業が映像業界の持続的な発展に貢献すると共感いただき、日本テレビ様が実施する「インパクト投資」の1号案件としてご出資いただきました。

今後インパクトスタートアップとして、映像クリエイターの支援を通じ、映像業界に変革をもたらし、映像を通じて感動体験が溢れる社会づくりに貢献していきます。

スタートアップの成長には資金調達が欠かせません。累計200万部を発行する起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウや、VCから出資を受けるための方法などを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Vook Vook School Vook キャリア ヴック クリエイター サービス スクール ナレッジ 人材紹介 動画 日本テレビ 日本テレビホールディングス 映像 映像制作 株式会社 素材 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ヤフー」がインフルエンサー向け動画投稿サイトを開設
平成30年10月30日、ヤフー株式会社は、「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を開設したことを発表しました。 「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」は、厳選されたクリ…
出張業務効率化SaaS「AI Travel」提供の「AIトラベル」が3億円調達
2022年2月2日、株式会社AIトラベルは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 出張業務効率化SaaS「AI Travel」を提供しています。 予約・精算の手間の削減、出張データの一…
動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS」提供の「Contrea」が1.4億円調達
2021年11月16日、Contrea株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS (メディオス) 」を…
「AnyMind Group」が「CAMPFIRE」と業務提携 クラウドファンディング後のEC展開から物流までを支援
2022年8月23日、AnyMind Group株式会社は、株式会社CAMPFIREと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 AnyMind Groupは、以下の事業を展開しています。 ・メディ…
免疫細胞治療の研究開発を行う「サイアス」が21.3億円調達
2022年2月28日、サイアス株式会社は、総額21億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 他家iPS細胞を原料として、固形がんをターゲットにT細胞受容体(TCR)を遺伝子導入するiP…

大久保の視点

11月8日創業手帳・大久保幸世が東京IT飲み会に登壇!老舗イベントのIT飲み会とは?
「第137回東京IT飲み会」が、2023年11月8日(水)に開催されました。 IT飲み会は2008年2月にChatwork山本氏とサムシングファン薮本氏が設…
(2023/11/8)
日本スタートアップ支援協会JSSAピッチ大会:最優秀賞はミーバイオ早水建祥さん東大発バイオスタートアップ
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.32」が2023…
(2023/11/7)
インボイス未だ7割の起業家が未登録!その理由・創業手帳が起業家に独自調査
2023年10月1日からスタートとなったインボイス制度ですが、連日メディアやSNSなどで様々な意見が取り沙汰されています。 そこで、起業家・経営者向けメディ…
(2023/10/6)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集