注目のスタートアップ

スポーツチーム・選手に応援する気持ちをギフティングできるサービスを運営する「エンゲート」が4.6億円調達

company

2022年4月15日、エンゲート株式会社は、総額4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

エンゲートは、スポーツチームや選手をギフティングを通じて応援できるWebサービス「Engate(エンゲート)」を運営しています。

応援したいチーム・選手にギフティングする(デジタルギフトを贈る)ことで、直接チーム・選手を応援することができるサービスです。

ファン向けには、ファンコミュニティの運営や、選手たちによるライブ配信、「Engate」でしか手に入らないプレゼント企画などを提供しています。

2022年4月から、NFT事業をリリースする予定です。マーケットプレイスでの個人間売買も年末に予定しており、それに伴う手数料の一部を、チームだけでなく、選手に直接還元する取り組みも開始します。

また、地場産業と地域スポーツチームを結ぶ新しいスポーツを起点とした地域活性化も進めていく予定です。ほかにも、アート、音楽、古典芸能などの領域におけるギフティングシステムのAPI提供・OEM提供も推進していきます。

今回の資金は、地域活性化に向けた地場産業との連結、NFT事業のさらなる協働展開、人材強化、プロダクト強化に充当されます。

スポーツビジネスの収益は、ファン・視聴者からコンテンツの対価(チケット・グッズ・視聴料など)による収益と、広告主からの広告費による収益が主となっています。

しかし新型コロナウイルスの影響により試合の開催が難しくなり、このビジネスモデルを根本的に見直す必要性が生まれました。

そこで注目されているのが、ファンからのギフティング(≒投げ銭)です。YouTuberなどの配信者はそのファンから投げ銭をもらうことがあります。このことから、同じくファンビジネスであるスポーツにおいても投げ銭の需要があるのではないかと考えられます。

また、ギフティングサービスはファンコミュニティとしての側面があり、チーム・選手とファンのつながりを強化します。そのためファンのエンゲージメントを向上させることができ、結果的に試合に足を運んでくれるファンの拡大、グッズ販売の拡大などにもつながると考えられます。

また、大手のスポーツチームではその運営に資金的な課題が生じることは少ないかもしれませんが、地域に根ざした地方のスポーツチームは資金的に厳しい状況におかれていることも少なくありません。スポーツ一本で食べていけない選手もおり、別の仕事を持っていることもあります。

そのため、ファンコミュニティやギフティングサービスは地方のスポーツチームにこそ求められているものです。今後のエンゲートの取り組みがどのような展開を見せていくのか注目が必要です。

プロダクトの販売や改善のためにはファンの獲得が重要であるという考え方が浸透してきたことから、ファンコミュニティの運営は、企業のコミュニティ運営やブランド形成などの領域への活用も進んでいます。「冊子版創業手帳」では、創業期のネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Engate NFT エンゲート ギフティング ギフト スポーツ チーム デジタル 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

本人認証と権利移転のプラットフォーム運営の「ビットキー」が39億円調達
2020年1月23日、株式会社ビットキーは、総額39億300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 本人認証と権利移転のプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォー…
猫の活動データを記録する首輪「Catlog」展開の「RABO」が6億円調達
2021年4月6日、株式会社RABOは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飼い猫の活動データを24時間記録する首輪「Catlog」の提供を行っています。 また「Catlog」シリー…
地域のパン屋さんと消費者をつなぐ「パンフォーユー」が資金調達
2020年6月9日、株式会社パンフォーユーは、資金調達を実施したことを発表しました。 地域のパン屋と消費者をつなぐプラットフォームを運営しています。 具体的には、日本各地のパン屋の焼きたてのパンを冷凍…
アパレル生産管理SaaS提供の「DeepValley」が請求書買取の「OLTA」と業務提携
2019年12月6日、株式会社DeepValleyは、OLTA株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 DeepValleyは、アパレル生産管理SaaS「AYATORI」を運営しています…
調剤薬局・零売薬局・訪問看護などを展開する「GOOD AID」が2億円調達
2021年8月11日、GOOD AID株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 調剤薬局「おだいじに薬局」や、零売薬局チェーン「セルフケア薬局」、訪問看護・訪問リハビリ事業「お…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ