【東京都】「事業復活支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」

subsidy

公益財団法人東京都中小企業振興公社は、「事業復活支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」について発表しました。

事業復活支援金等を受給した都内中小企業を対象に販売促進に関する経費の一部を助成するものです。

助成金は、上限150万円・経費の4/5以内

対象経費は、「展示会参加費」、「ECサイト出店初期登録料」、「自社Webサイト制作費」、「販売促進費」です。

事前エントリー期間中にエントリーした者の中から先着順で、予算の範囲内で申請可能な者のみ申請することができます。

事前エントリーの開始は、2022年4月8日(金)10:00を予定しています。

事業復活支援金等とは、以下の支援金を指します。
・経済産業省 中小企業庁「事業復活支援金」
・経済産業省 中小企業庁「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」
・経済産業省 中小企業庁「緊急事態宣言又はまん延防止等重点措置の影響緩和に係る月次支援金」
・東京都実施の「東京都中小企業等月次支援給付金」

新型コロナウイルスは様々な企業・事業者に大きな打撃を与えました。外出自粛が要請されたため、特に飲食店や小売店など店舗型ビジネスは大きな打撃を受けています。

こういった事業者を支援するため、国では様々な支援が行われました。今回の助成金の要件となっている、「事業復活支援金」・「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」・「緊急事態宣言又はまん延防止等重点措置の影響緩和に係る月次支援金」・「東京都中小企業等月次支援給付金」の申請をした方も多いことでしょう。

新型コロナウイルスは、オミクロン株などの変異株の脅威があるものの、ワクチン接種は目標に届いており、3回目接種も2022年4月時点で40%と進んできています。経済活動も元に戻りつつあり、これまで客足がなかったところにも戻ってくる兆しが感じられます。

とはいえ、一度失ったものを取り戻すことには時間がかかります。今回の助成金は、そんな事業者の販売促進を支援するものです。ECサイト出店・Webサイト制作なども対象であるため、新たな取り組みを考えていた事業者などもうまく活用することができるかもしれません。

累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資申請をスムーズに行うためのノウハウや注意点を解説しています。また、創業手帳自身が補助金申請を行った経験をもとに専門家と作成した「補助金ガイド」も無料で送付しています。補助金・助成金申請の流れや注意点を把握することができるため、申請を考えている方はぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ EC PR Webサイト 事業復活支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業 助成金 展示会 東京都 補助金 販促 販売促進
詳細はこちら

事業復活支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

セキュリティテスト自動化ツール「AeyeScan」提供の「エーアイセキュリティラボ」が3億円調達
2022年2月3日、株式会社エーアイセキュリティラボは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 セキュリティテスト自動化ツール「AeyeScan」を提供しています。 AIによってWebサイ…
CtoCマッチング事業向けシステム開発事業の「C2C」が255万ドル調達
2020年11月9日、C2C PTE. LTD.は、255万ドル(約2.7億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 CtoCダイレクト・マッチングに必要となる基本機能を、独自に開発したプラットフ…
短時間で食料品・日用品を届ける宅配スーパーを運営する「OniGO」が7.2億円調達
2022年4月8日、OniGO株式会社は、総額7億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 OniGOは、10分で食料品や日用品を届ける宅配スーパー「OniGO」を運営しています。 実店…
「クラウドシエン」が西日本豪雨復興支援の特別支援サイトを開設
平成30年9月7日、株式会社クラウドシエンは、西日本豪雨災害の被災企業の復旧に向けた助成金・補助金の特別支援サイトを公開したことを発表しました。 被災のあった事業主・企業向けの助成金・補助金の情報提供…
「インターファクトリー」がスタートアップ・中小企業向けのECプラットフォーム「ebisumart zero」をリリース
2022年1月17日、株式会社インターファクトリーは、「ebisumart zero(エビスマート ゼロ)」の提供を開始したことを発表しました。 「ebisumart zero」は、スモールスタート向…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ