注目のスタートアップ

インフルエンサーマッチングサービスと余剰在庫販売サイトを運営する「KOLテクノロジーズ」が2億円調達

company

2022年8月4日、株式会社KOLテクノロジーズは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

KOLテクノロジーズは、インフルエンサーマッチングサービス「Beee(ビー)」と、余剰在庫を販売するECサイト「サステナモール」を運営しています。

「Beee」は、独自開発したAIによってインフルエンサーのSNSアカウントを解析し、案件に最適なインフルエンサーをマッチングするサービスです。

「サステナモール」は、衣類、雑貨、化粧品、ペット用品など、余剰在庫・B級品・リユース品をリーズナブルな価格で販売するECサイトです。

インフルエンサーによるセレクトショップを立ち上げることで、良い商品を紹介できるサービスも提供しています。

今後、サステナブルを身近なものにするために、オウンドメディアの立ち上げやリブランディングの実施を予定しています。

今回の資金は、「Beee」のサービスパフォーマンスの改善、新機能開発、インフルエンサー育成プログラムの立ち上げ、エンジニア・セールス人材の採用強化、「サステナモール」のリブランディングに伴うサイトリニューアル(2022年末リリース予定)、オウンドメディア立ち上げ(2022年末リリース予定)に充当します。

余剰在庫や、パッケージの印字ミス、保管時の事故などによって日々廃棄される商品が発生しています。

たとえば、食べられるのに廃棄されてしまう食品である食品ロスは、2020年において事業系は275万トン排出されています。

また、アパレル業界においては、年間30億着の衣服がつくられ、その半分に当たる15億着が売れ残りとなっています。この余剰在庫は倉庫を圧迫しコストがかかってしまうため、新品であっても焼却処分されるものもあります。

こうした在庫を一括で買い取り、通常価格よりも割り引いて販売するディスカウントストアなどもあり、訳あり品の処分方法として企業・消費者共にwin-winとなる方法ですが、以前は企業によってはブランド価値が毀損されることを恐れてこうした事業者に卸さないケースも多く見受けられました。

しかし、近年のSDGsの推進によって消費者にもこうした商品の廃棄が問題だという価値観が浸透したことで、ディスカウント販売するECサイトが増え、サステナビリティを打ち出すことによってむしろブランド価値を向上させるという取り組みも目立つようになってきています。

SDGs周りには多くのビジネスが眠っています。消費者の意識の変化も激しいため、市場を分析することの重要性はさらに高まっています。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Beee B級品 EC ECサイト KOLテクノロジーズ インフルエンサー サービス サステナビリティ サステナモール ディスカウント販売 ビー マッチング リユース品 余剰在庫 株式会社 訳あり品 販売 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建設職人に直接依頼できるアプリ「CraftBank」の運営の「ユニオンテック」が新体制を発表
平成30年9月3日、ユニオンテック株式会社は、新体制を発表しました。 創業者でこれまで代表取締役社長を務めてきた大川祐介氏が代表取締役会長に就任し、代表取締役社長には取締役副社長の韓英志氏が昇格します…
データ資産の自在なコントロールを実現する「Minitt」が6,000万円調達
2021年10月14日、株式会社Minittは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 業務・部門・会社横断におけるデータ資産の自在なコントロール・強力なコンプライアンス・迅速な業…
金融教育FinTechサービス「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が12億円調達
2022年3月30日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ABCash Technologiesは、個人向けのお金のパーソナルトレ…
「テラドローン」と「エアモビリティ」が「空飛ぶクルマ」の社会実装に向けて業務提携
2021年1月8日、テラドローン株式会社は、エアモビリティ株式会社と、「空飛ぶクルマ」の社会実装の早期実現に向けて業務提携することを発表しました。 テラドローンは、空撮、測量、点検、データ分析、運行管…
次世代のERPの提供を目指す「パトスロゴス」が9.5億円調達
2022年3月9日、株式会社パトスロゴスは、総額9億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コアERPのSaaS提供の実現を目指しています。 柔軟性のあるERP SaaSの提供により、…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ