注目のスタートアップ

法人向けにオンライン診療などの健康支援プログラムを提供する「リンケージ」が5.5億円調達

company

2022年3月30日、株式会社リンケージは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

リンケージは、従業員のストレス要因を多角的に分析できるメンタルウェルネスサービス「Rasika」、女性特有の健康課題を可視化し専門医のフォローで労働生産性を改善する「FEMCLE」、従業員を気にかけるヘルスケアサポーター「かかりつけ保健師 for LINE」、オンライン薬局 「LINKAGE PHARMA」、オンライン診療システム 「D-CUBE」などを展開しています。

今回の資金は、プロダクトの機能拡充、人材採用などに充当される予定です。

予防医療は、病気が発症していない状態からケアを続け、病気にならないようにする予防を取り入れた医療のことです。たとえば生活習慣病は健康的でない生活を続けた結果、発病してしまうことが多いものです。生活習慣病のひとつであるがんや心疾患は日本の死因において最上位であるため、これらの発病を防ぐための予防医療が重要なのです。

しかし生活習慣や発病リスクなどは個々人によって異なり対策もそれぞれです。また仕事で忙しく生活習慣を改善することや予防に取り組むことができなかったりするため、予防医療の普及のためには個人の健康意識の向上だけでなく、そのほかの取り組みも必要です。

企業では健康診断が義務づけられているほか、2015年からはメンタルヘルスを健康に保つためのストレスチェックも義務化されました。以前までこういった義務はコストとして捉えられていましたが、従業員の健康は労働生産性に直接影響してくるため、従業員の健康管理や健康増進に戦略的に取り組む“健康経営”という考え方が広まり、多くの企業が取り組むようになってきました。

もちろん企業に専門の医療チームをおくことは現実的ではないため、医療機関などの医療リソースを利用することになります。近年はスタートアップにより法人向けの医療支援サービスが多数提供されており、企業としてはより健康経営に取り組みやすい環境が整ってきているといえます。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Rasika ウェルネス オンライン診療 ストレス・ケア ストレス・チェック ヘルスケア リンケージ 予防医療 健康 健康経営 医療 支援 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

半径500m圏内のユーザーに宣伝ができるスマホアプリ「テイクGO」がリリース
2021年11月18日、株式会社ゼムスは、「テイクGO」をリリースすることを発表しました。 「テイクGO」は、サービス登録をしている飲食店の半径500m圏内に一般消費者が近づいた場合、スマートフォンの…
「HiLung」がヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた「呼吸器感染モデル(薬効評価)試験受託サービス」を開始
2022年2月24日、HiLung株式会社は、ヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた感染症モデル(含 新型コロナウイルス感染モデル)による試験受託を開始したことを発表しました。 ヒトiPS細胞分化・加工技…
お金のトレーニング・スタジオ「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が9.5億円調達
2020年10月16日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約9億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ミレニアル世代の女性向けのファイナンス・トレーニング・スタジ…
Slack用同時翻訳チャット・ボット「Kiara」提供の「ジェニオ」が6,000万円調達
2020年8月18日、株式会社ジェニオは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 グループ・チャット・ツール「Slack」の提携アプリ「Kiara(キアラ)」を提供しています。 「…
料理人と飲食店のマッチング・プラットフォーム「smallkitchens」運営の「Gifukuru」が資金調達
2021年1月26日、株式会社Gifukuruは、資金調達を実施したことを発表しました。 料理人と加盟店舗の空き時間をマッチングし、オリジナルのお弁当の販売ができるプラットフォーム「smallkitc…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ