注目のスタートアップ

おまかせ資産運用サービス「SUSTEN」運営の「sustenキャピタル・マネジメント」が15億円調達

company

2022年3月28日、株式会社sustenキャピタル・マネジメントは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。

sustenキャピタル・マネジメントは、おまかせ資産運用サービス「SUSTEN」を運営しています。

アプリ上で簡単な質問に答えるだけで、個々人に適した運用ポートフォリオを診断し、運用までを自動で行う資産運用サービスです。

過去最高益を更新した月だけ費用が発生する、完全成果報酬型の費用体系を導入していることを特徴としています。

今回の資金は、既存サービスの改良、個人投資家のニーズに応える新サービスの開発、本格的なマーケティング活動に充当されます。

現在の金利は限りなく0%に近い低金利であるため、預金だけで資産を増やすことは難しい状況にあります。また、公的年金の支給水準が2割減るとの試算が公表されたことなどもあり、若年層からの資産形成の重要性が高まっています。

AIなどのテクノロジーの発展により、資産運用の領域ではロボアドバイザーという新たなサービスが登場しました。ロボアドバイザーはAIによって投資家の代わりに資産運用のアドバイスや運用を行うというものです。一般消費者としては資産運用を丸投げできるものとして認識されていることが多いでしょう。

メリットとしては資産運用に関する知識がなくても始められること、比較的低コストであること、少額から投資できることなどが挙げられます。そのため若年層からも資産運用できると注目されています。

「SUSTEN」は比較的新しいロボアドバイザーです。従来のロボアドバイザーでは実装の難しかった最新の金融工学理論にもとづいた運用戦略を実装していること、完全成果報酬型を導入していることを特徴としています。

企業経営でも先を見据えた資金の運用・管理は重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期における資金繰り表の作成術など、資金に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ susten sustenキャピタル・マネジメント ファンドラップ ロボアドバイザー 投資 株式会社 資産運用 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

学術領域の専門家による技術スポット・コンサル・サービス「Acaview」事前登録開始
2019年11月19日、株式会社POLは、「Acaview(アカビュー)」の事前登録を開始することを発表しました。 「Acaview」は、学術領域の専門家(研究者や博士など)による、技術スポット・コン…
オリジナルIPのVRゲーム開発の「MyDearest」が9億円調達
2021年6月30日、MyDearest株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オリジナルIPのVRゲームを中心に開発するエンターテインメントスタートアップです。 代表作は『東…
ゲノム医療情報ベンチャーの「Genomedia」が資金調達
Genomedia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、住友商事株式会社、シップヘルスケアホールディングス株式会社、Aflac Ventures LLCです。 医療機関、研究機…
ソーシャルレンディング比較サービス運営の「クラウドポート」が3.1億円調達!
平成30年3月13日、株式会社クラウドポートは、総額3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ソーシャルレンディング比較サイト「クラウドポート」や、ソーシャルレンディング主要各社の動…
日本酒メニュー作成システム運営の「SAKELOGY」が4,200万円調達
2019年6月26日、株式会社SAKLEOGYは、総額4,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本酒メニューの作成システム「SAKELOGY(サケロジー)」を開発・運営しています。 飲…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ