タクシー相乗りサービス「nearMe.Town」が三井不動産グループ「ShareTomorrow」提供の不動産MaaS「&MOVE」と連携

tips

2022年3月15日、株式会社NearMeは、三井不動産株式会社株式会社ShareTomorrowが提供する「&MOVE」と、自社が提供する「nearMe.Town」との連携を開始することを発表しました。

NearMeが提供する「nearMe.Town」は、湾岸エリアなど4区を中心に展開しているオンデマンド型シャトルサービスです。事前予約制のタクシー相乗りサービスとなっており、通常のタクシーよりも最大65%オフで利用することができます。

三井不動産・ShareTomorrowが提供する「&MOVE」は、複数の移動手段を組み合わせて提供するMaaSを不動産に導入する不動産MaaSです。第1弾として、2021年12月から三井不動産グループが開発・運営する商業施設・ホテル・マンションへの実証導入を開始しています。

フィンランドのMaaS Global社が開発するアプリ「Whim」を通じ、各施設の利用者の用途に合ったモビリティと料金プランを提供するサービスです。また、SNSにより目的地に関する情報も提供し、目的地への移動とそこでの行動を支援することを目的としています。

今回の両サービスの連携により、「Whim」を通じ、通常のタクシーと同じように希望する地点での乗り降りが可能な相乗りサービス(シェアードシャトル)の提供を行います。

これまで「Whim」で利用可能だったモビリティサービス(タクシー、カーシェア、シェアサイクルおよびアーバンドック ららぽーと豊洲の送迎サービスとして運行している無償のシェアード・シャトル)に加え、「nearMe.Town」の提供範囲である中央区、千代田区、港区、江東区の東京都内4区でサービスを展開します。

MaaS(Mobile as a Service)とは、バス、電車、タクシー、シェアサイクルなどあらゆる交通機関を、ITの力によってシームレスにつなげ、効率的に使えるようにするシステムのことです。

たとえば、MaaS先進国であるフィンランドのMaaSアプリ「Whim」では、電車・バス・タクシー・シェアサイクル・レンタカーなど様々な移動手段の予約・決済を一括で行うことができます。目的地までの移動手段・料金を複数提示され利用者は自身に合った経路を選ぶことができます。これにより移動手段の選択・構築・経路の設定について頭を悩ませることがなくなります。

またMaaSは公共交通機関やシェアリングエコノミーの利用促進に役立つため、全体的な温室効果ガス削減にもつながると考えられています。

ほかにも、MaaSは地方における高齢者などの移動難民の課題の解決にも資すると考えられており、過疎地域などでもオンデマンド乗合バスなどのサービスが展開されています。これはAIによってルートを最適化することによりコストを削減するため、収益性の低い過疎地域でも運行することが可能になっています。

NearMeは、こういったMaaSの実現のため、東京都内においてタクシーの相乗りサービスを展開しています。相乗りサービスはテクノロジーを駆使することにより、乗車人数を最大化・経路を最適化することでコストを削減することが可能となります。実証実験段階ではありますが、このモデルが上手くいけば他エリアへ展開されていくことになるでしょう。

スマートシティ構想など、社会課題を解決する取り組みでは、多くの事業者・自治体の連携が必要となる場合があります。そのため多くの企業・起業家と出会うことも重要です。「冊子版創業手帳」では、提携・連携できる企業を探すためのネットワークづくりのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ &MOVE MaaS NearMe nearMe.Town ShareTomorrow Whim シェアード・シャトル タクシー モビリティ 不動産 相乗り 移動
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

解体工事の一括見積りサービスの「クラッソーネ」が不動産名義変更サービスの「AGE technologies」と業務提携
2021年10月7日、株式会社クラッソーネは、株式会社AGE technologiesと業務提携契約を締結したことを発表しました。 クラッソーネは、解体工事において専門工事会社と施主をマッチングする一…
ケニアでタクシードライバー向け中古車ファイナンス事業を展開する「HAKKI AFRICA」が2.2億円調達
2022年3月14日、株式会社HAKKI AFRICAは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自の信用スコアリングシステムを作成して与信審査を行い、信用スコアの高い顧客に…
空港送迎マーケットプレイス運営の「SmartRyde」が1.8億円調達
2021年10月6日、株式会社SmartRydeは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空港送迎マーケットプレイス「SmartRyde(スマートライド)」を運営しています…
不動産VR内見システム「Roov」の開発元が2.5億円調達!
株式会社スタイルポートは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産VR内見システム「Roov」を開発・提供しています。 物件を3Dデータにすることで、利用者が現地に足を…
「Propre Japan」がAIにより不動産の時価評価とバリュー・アップ・プランを提示するサービス「propREPORT」をリリース
2020年10月13日、株式会社PropreJapanは、2020年10月13日に「propREPORT(プロップレポート)」をリリースしたことを発表しました。 「propREPORT」は、AIにより…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ