注目のスタートアップ

ケニアでタクシードライバー向け中古車ファイナンス事業を展開する「HAKKI AFRICA」が2.2億円調達

company

2022年3月14日、株式会社HAKKI AFRICAは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

独自の信用スコアリングシステムを作成して与信審査を行い、信用スコアの高い顧客に対し、中古車を動産担保として車両購入のためのマイクロファイナンスを提供しています。

2022年3月時点において、ケニア子会社(HAKKI AFRICA LIMITED)を通じケニアで事業を展開しています。アフリカ大陸で初となる越境チャレンジャーバンクの設立を目指しています。

また、小〜中規模の金融機関向けのCredit as a ServiceのAPI(越境信用パスポート)の開発・貸与も行っています。これは、個人の信用を他国で使用可能なパスポートとして可視化するものです。

Safaricom社のM-PESAのAPIを利用して返済自動記帳を実現し、返済管理にかけるコストの10分の1程度に圧縮しています。

今回の資金は、エンジニアの採用、現地での地域展開の拡大などに充当されます。

また、複数の日本の中古車輸出業者との提携も行い、輸入前の車両に対するファイナンス契約を可能にするプロジェクトを開始します。

マイクロファイナンスとは、新興国・途上国の貧困層・低所得者を対象に、貧困を脱出するために行うビジネスに対して実行する小規模金融のことです。

新興国・途上国では信用がないため銀行からお金を借りることができない人が多数存在しています。またインフォーマルな小規模金融もありますが、利子が高いため利用者はそう多くはありません。

このように途上国では金融サービスにアクセスできる機会が限られていましたが、携帯電話・スマートフォンの普及により状況は大きく変化しました。銀行口座はなくてもスマートフォンを持っているという人はアフリカにも多く、電話番号だけで送金できるサービスなど、携帯電話ひとつでアクセスできる金融サービスが普及していったのです。

マイクロファイナンスは、テクノロジーによって運営コストを削減しているため、低利子での貸付を実現しています。スマートフォンの普及もありアフリカでは非常に多くの人が利用している金融サービスとなっています。

SDGs(持続可能な開発目標)はビジネス・チャンスとしてみられています。もちろん社会課題を解決しなくてはならないので、ハードルは高いのですが、意義のあるビジネスといえます。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスの創造・成長にとって役に立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ API Credit as a Service HAKKI AFRICA ケニア タクシー チャレンジャー・バンク ファイナンス マイクロ・ファイナンス 中古車 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

場・イベント・Webなどジャンルレスでクリエイティブ事業を展開する「BAKERU」が2億円調達
2020年10月19日、株式会社BAKERUは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、対話型推理劇体験コンテンツ「Murder Mystery(マーダーミステリー)」を都内3店舗…
ライブ配信関連事業展開の「ライバー」が2億円調達
2020年2月20日、株式会社ライバーは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自社プラットフォームを持たず、クリエイターの企画・運営や、多数プラットフォームや関連企業との連携によりライ…
個人向け銀行ローンDXプラットフォーム「クラウドローン」が「SMBCファイナンスサービス」と事前審査の連携を開始
2021年11月16日、クラウドローン株式会社は、SMBCファイナンスサービス株式会社と、事前審査の機能を備えた新バージョンの「クラウドローン」を開始することを発表しました。 クラウドローンの提供する…
植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が「焼肉きんぐ」など運営の「物語コーポレーション」と資本業務提携
2021年11月19日、DAIZ株式会社は、株式会社物語コーポレーションと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 …
営業組織図オートメーションツール「ulu」開発の「moja」が資金調達
2022年4月25日、株式会社mojaは、資金調達を実施したことを発表しました。 mojaは、営業組織図オートメーションツール「ulu(ウル)」を開発しています。 組織図作成の自動化と決裁情報を簡単に…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ