“夢”がみんなの財産になるSNSを運営する「フィナンシェ」が2.4億円調達

2020年4月30日、株式会社フィナンシェは、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

個人の夢がみんなの共有財産になるSNS「FiNANCiE」を運営しています。

夢を持つ人と、夢を支援する人が出会い、夢の実現に向けて一緒に歩むためのファン・コミュニティです。

「FiNANCiE」上でトークンを発行でき、そのトークンをコミュニティ活動に利用することができます。

また、コミュニティの将来的な成長によりトークンの価値が上がる可能性があるため、ファン側には活動を支援することが自身のメリットにもつながります。

ファン・コミュニティ・サービスは、大手企業が運営するものや、暗号通貨を発行できるものなど、独自の機能を持ったサービスが登場しています。

ファン・コミュニティは、クリエイターのためだけでなく、企業がコミュニティを通じてプロダクトを世に広めていくためのコミュニティ・マーケティングとしても活用することができます。

リソースの足りない創業期には、満足のできるPRを行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、ネットを活用したPRのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FiNANCiE SNS コミュニティ ファン・コミュニティ フィナンシェ 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ