注目のスタートアップ

ESG/SDGsに特化した非財務データプラットフォーム「TERRAST」提供の「サステナブル・ラボ」が資金調達

company

2022年3月9日、サステナブル・ラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

ESG/SDGsに特化した非財務データプラットフォーム「TERRAST(テラスト)」(β版)を提供しています。

企業の環境・社会貢献度を、AIとビッグデータを用いて客観的数値で可視化した非財務データバンクです。

1社あたり700~800項目の非財務データを収集しAIによって解析し、総合スコア・気候変動・環境管理・ダイバーシティ・労働者の権利など個別テーマごとに可視化しています。

2021年12月から有償展開を行い、一部金融機関に導入されています。

今回の資金は、グローバル展開や、人材・採用基盤の強化に充当されます。

世界の平均気温は長期的にみて上昇傾向にあります。このまま地球温暖化が進むと今世紀末には地球の平均気温が最大で約4.8℃も上昇してしまうという予測があります。この気候変動に対応するためには、国などの政府機関だけでなく企業による取り組みが必須となっています。

このような背景から、世界では環境・社会・ガバナンス要素を考慮して投資先を決定するESG投資が盛んになっています。また、SDGs(持続可能な開発目標)の推進もあり企業では、ESGやSDGsを考慮した経営の重要性が高まっています。

一方で、ESGやSDGsは主に非財務情報に分類されますが、これまで重視されてこなかった情報であるだけに、統一的なルールやフレームワークがないといった課題が顕在化しています。

こうした課題を解決するため、サステナブル・ラボは、投資家・事業会社に向けてESG/SDGsに特化した非財務データプラットフォーム「TERRAST」を提供しています。

解析された情報をもとにESG/SDGsに関する数値が各テーマごとに可視化されており、他企業の環境・社会貢献度を確認できるほか、どのような取り組みが効果を上げているのか、自社は他社と比べてどうなのかといったことを把握することができます。

今後、ESGやSDGsに関する取り組みは企業活動にとって必須のものとなっていくと考えられるため、「TERRAST」のような非財務情報のデータバンクは大きな役目を果たしていくことになるでしょう。

ESG投資などの登場など、以前の資金調達状況とは大きな変化が訪れています。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ESG SDGs TERRAST サステナブル・ラボ データ テラスト ビッグデータ 株式会社 比較 資金調達 非財務データ 非財務情報
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

東南アジア産直EC運営の「SECAI MARCHE」が1.5億円調達
2021年5月18日、株式会社SECAI MARCHEは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 生産者と消費者をダイレクトにつなぐ東南アジア産直ECプラットフォーム「SECA…
PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立
株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。 デジタルベースキャピタルは、PropTechスタートアップ・コミュ…
建設業界向け立替・決済サービス提供の「ランドデータバンク」がNEDO公募事業に採択決定
2020年12月1日、株式会社ランドデータバンクは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AIシス…
全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐアプリ運営の「ポケットマルシェ」が資金調達
2020年12月21日、株式会社ポケットマルシェは、資金調達を実施したことを発表しました。 全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐアプリ「ポケットマルシェ」を運営しています。 また、引受先の農林…
コミュニティ・タッチ・ツール「commmune」提供の「コミューン」が4.5億円調達
2020年9月28日、コミューン株式会社は、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業とユーザーをつなげるコミュニティ・タッチ・ツール「commmune(コミューン)」を提供…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ