注目のスタートアップ

次世代のERPの提供を目指す「パトスロゴス」が9.5億円調達

company

2022年3月9日、株式会社パトスロゴスは、総額9億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

コアERPのSaaS提供の実現を目指しています。

柔軟性のあるERP SaaSの提供により、周辺の専門的なSaaSとの連携を実現し、企業内における様々な業務を効率化することを目的としています。

今回の資金は、コアERPの開発の加速、人材採用に充当されます。

ERP(enterprise resource planning, 企業資源計画)とは、企業内にある情報・リソースを一元管理し、適切に活用する考え方のことです。

また、企業の情報・リソースを一元管理するシステムのこともERPと呼んでおり、実質的に企業の基幹システムとして運用されています。

大手企業では、モノリシック(一枚岩的)と呼ばれる、完全統合型のERPが導入されているケースが目立ちます。

ひとつのERPでありとあらゆる業務に対応できることが大きなメリットですが、運用・管理・保守に多大なコストがかかるほか、バージョンアップも大変で、システムが肥大化していくことが課題となっています。

このモノリシックなERPは柔軟性がなく、企業のDXを拒むもっとも大きな要因であることが多いため、ERPそのものの刷新が重要であるとの認識が強まっています。

パトスロゴスは、次世代のERPをコアERPと呼び、周辺の専門性のあるSaaSと簡単に連携できるシステムとして構築することで企業のDXを推進することを目指しています。

大きな組織ではすでに利用しているシステムがあり、それを変更することには大きな労力が伴います。しかし創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ERP SaaS 基幹システム 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金融包摂型FinTechベンチャーの「Global Mobility Service」が17億円調達
2019年9月2日、Global Mobility Service株式会社は、総額約17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoTデバイスと管理プラットフォームを車に搭載することで、これ…
現地観光ツアー特化エンターテインメント事業「Fun」展開の「Fun Group」が12.6億円調達
令和2年4月20日、株式会社Fun Groupは、総額約12億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 現地観光ツアーに特化したエンターテインメント事業「Fun」を運営しています。 地域…
人材紹介会社向け求人情報データベース運営の「ROXX」が3.7億円調達
2019年7月1日、株式会社ROXXは、総額約3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2019年7月1日に、社名を株式会社SCOUTERから株式会社ROXXに変更したことも併…
セミパーソナルジム「FLATTE」運営の「ファノーヴァ」が資金調達
2021年11月25日、株式会社ファノーヴァは、資金調達を実施することを発表しました。 OMO型セミパーソナルジム「FLATTE(フラッテ)」を運営しています。 1回370円から通うことができる1対少…
創薬ベンチャーの「ジェイファーマ」が5億円調達
2021年1月7日、ジェイファーマ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 細胞膜表面のSLCトランスポーターを創薬標的とした創薬ベンチャーです。 トランスポーターとは、細胞の生…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ