注目のスタートアップ

お買い物支援コンシェルジュの「スマートショッピング」が3億円調達

2019年9月3日、株式会社スマートショッピングは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

お買い物支援コンシェルジュ・サービス「スマートショッピング」や、在庫管理・発注自動化IoTソリューション「スマートマット」を展開しています。

「スマートショッピング」は、主要ネット通販サイトでの送料を含めた価格比較や、ユーザーの商品選びなどを支援するコンテンツを提供しています。

株式会社スマートショッピング執行役員 CFO 内田 裕人氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社スマートショッピング執行役員 CFO 内田 裕人氏よりコメントが届きました!

内田 裕人株式会社スマートショッピング執行役員 CFO

京都大学大学院情報学研究科卒業。卒業後、株式会社JPモルガン証券にて入社以来一貫して本邦証券会社(特に大手5大証券中心)を担当し、金融商品の提案・販売を行っていた。金利・為替を中心としたデリバティブを組み込んだ仕組債の組成、ヘッジスワップの提供、ブラジルレアル、トルコリラなどのエマージングマーケットにおける債券の組成などの業務に従事。2018年7月より、株式会社スマートショッピングにて経営管理本部管掌として、CFOの仕事を拝命している。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

内田:通販支援サービスに関しては、共同創業者の一人である林がアマゾン出身でEC周りに明るくかつ課題を持っていたことに加え、もう一人の志賀がサイバーエージェント出身でメディア周りに明るくマネタイズ方法に見識が深かったため、人々の日々の面倒を解決する日用品のEC価格比較メディア(通販支援サービス)「スマートショッピング」を開始しました。「スマートマット」は、通販支援サービスを展開していく中で、期間を定めた定期的購入ではなく、なくなった時に自動的に購入する「ゼロクリック」を実現したいという想いの中で誕生したサービス。テストマーケティングにより、法人向けの在庫ソリューションに勝機を見出し、2018年10月にサービス化し、事業展開を開始しました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

内田:社内外共に信頼感の向上を強く感じています。お客様からのポジティブな反応に加えて、採用面での反響は大きかったです。具体的にはWantedlyなどの採用媒体経由でわずか3日で10件以上の応募があり、社内ではより一層事業に集中できる環境と共に団結力が強くなったと感じられています。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

内田:BtoC向け通販支援サービスでは、アプリ化等を含めたECプラットフォーム確立に向けた機能を強化し、買い物弱者含めて全ユーザーが労働に近い買い物から開放される将来を実現。
BtoB向けスマートマットにおいては、全シーンで使えるような新ハード(SIM付き、一体型)の投入と海外展開を予定しています。誰も保持しない消費履歴データを使った分析・学習も充実させるほか、人手不足の解消、働き方改革にも貢献していきます。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ コンシェルジュ スマートショッピング ネット通販 価格比較 在庫管理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オフライン広告プラットフォーム展開の「ビズパ」が5,000万円調達
2020年4月24日、株式会社ビズパは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフライン広告のプラットフォーム「Bizpa」を展開しています。 全国の広告商品の検索から発注までを…
宿泊施設向け基幹システム「aiPass」運営の「クイッキン」が6,000万円調達
2021年1月29日、クイッキン株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宿泊施設向けの非接触型のチェックイン機能をベースにした基幹システム「aiPass(アイパス)」を…
暗号資産の金融機関として信頼性のあるサービスの提供を目指す「Next Finance Tech」が資金調達
2022年8月9日、株式会社Next Finance Techは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、独立系ベンチャーキャピタルのANRIです。 Next Finance Techは、ゴ…
AI肌診断アプリ「HADABON」を開発・提供する「AquaAge」が資金調達
2023年1月24日、AquaAge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォンで顔写真を撮ることで、AIによる肌診断ができるアプリ「HADABON」を開発・提供しています。 6…
オリジナルパッケージ作成プラットフォーム運営の「shizai」が5億円調達
2022年6月8日、株式会社shizaiは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 shizaiは、オリジナルパッケージ作成プラットフォーム「shizai」を運営しています。 アパレル・サ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ