注目のスタートアップ

「いわかぜキャピタル」がキャンプ用品の企画・販売を展開する「WAQ」に出資

company

2022年6月30日、いわかぜキャピタル株式会社は、WAQ株式会社に投資を実行したことを発表しました。

WAQは、キャンプ用品の企画・販売を行っています。

2017年に創業した新しいアウトドアブランドですが、高品質かつコストパフォーマンスの良いプロダクトで人気を集めています。

今後各ユーザーに対し、WAQ商品を通じて自然と触れ合う喜びや持続可能な地球環境の重要さを理解してもらうこと、サーキュラーエコノミー(地球に優しい循環型経済)や、3R(Reduce、Reuse、Recycle)の考えを商品開発に組み込むことを推進していきます。

新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年の国内アウトドア市場の市場規模は若干の縮小を見せました。

とはいえ、ソロキャンプの流行やキャンプを楽しむ層の多様化などもあり、キャンプ市場は今後の堅調な伸びが予想されています。

アウトドア用品市場は大きく拡大しており、たとえば有名な国内アウトドアメーカーであるスノーピークの売上高は2013年から急激に伸び、2021年には223億円を記録しています。

必要な道具を揃えそれを利用することはキャンプの楽しみのひとつでもあります。そのため同じ種類のキャンプ用品であっても別ブランドのものを購入するキャンプ愛好家も数多くいます。

一方で、キャンプ用品は高価なものが多いため、比較検討して安価なものが選ばれる傾向にあります。また、ECモールやSNSではすぐに商品の使用感や評判を知れるため、安価でありながら高品質な商品は口コミで広がっていくことになります。

WAQは2017年創業と新しいブランドではありますが、プロダクトの作り込みとコストパフォーマンスからECモールやブログなどで高い評価を獲得しています。まだ商品数は多くありませんが、今回の出資を受けて今後どのように成長していくのか注目が必要です。

SDGsの推進や新型コロナなどの環境の変化により、消費者のニーズも大きく変化しています。そのため、市場を分析することの重要性がさらに高まっています。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ WAQ アウトドア いわかぜキャピタル キャンプ キャンプ用品 ブランド プロダクト 企画 商品開発 株式会社 環境 自然 販売
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フルオンラインのトータル美容プロデュース・サービス「SHEbeauty」が2021年春から始動
2020年12月3日、SHE株式会社は、「SHEbeauty」を2021年春から始動することを発表しました。 「SHEbeauty」は、個人向けにフルオンラインでトータル美容をプロデュースするスクール…
データ資産の自在なコントロールを実現する「Minitt」が6,000万円調達
2021年10月14日、株式会社Minittは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 業務・部門・会社横断におけるデータ資産の自在なコントロール・強力なコンプライアンス・迅速な業…
習慣化アプリ「Keeep」運営の「LAETIA」が資金調達
2021年5月27日、株式会社LAETIAは、資金調達を実施したことを発表しました。 本気の人のための習慣化アプリ「Keeep」を運営しています。 お金を無駄にしたくないという人間の心理を利用し、お金…
カスタム・サラダ専門店運営の「クリスプホールディングス」が5億円調達
2020年2月25日、株式会社クリスプホールディングスは、クリスプホールディングスを株式移転完全親会社、株式会社クリスプおよび株式会社カチリを株式移転完全子会社とする株式移転を行い新会社として発足し、…
「Heyday」がスクール選びの無料相談窓口「スクマド」をリリース
2022年1月12日、Heyday株式会社は、「スクマド」を正式リリースしたことを発表しました。 「スクマド」は、スクール選びの無料相談窓口です。 専任のカウンセラーとの面談を通じて、個々人の悩みや、…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ