注目のスタートアップ

脂肪組織由来の多機能血小板である「ASCL-PLC」の事業化に取り組む「AdipoSeeds」が1.52億円調達

company

2022年3月7日、株式会社AdipoSeedsは、総額1億5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

AdipoSeedsは、脂肪組織由来の多機能血小板である「ASCL-PLC」の事業化に取り組む、慶應義塾大学発ベンチャーです。

主に廃棄予定の脂肪から安全で医療応用可能な血小板製剤を低コストで供給することを目指しています。

献血に依存しない輸血用血小板製剤の実用化と、血小板を用いた組織修復領域の拡大による治療法の見つかっていない医療法ニーズの解消という社会的課題を解決することを目的としています。

今回の資金は、難治性皮膚潰瘍を対象とした臨床研究の推進や、「ASCL-PLC」の難治性皮膚潰瘍・血小板輸血を対象とした企業治験準備、新規事業であるPRP(Platelet Rich Plasma、多血小板血漿)療法に関連する受託事業の立ち上げなどに充当されます。

日本では輸血用血液の85%が50歳以上の患者に使用されています。

今後の少子高齢化の進展によって、輸血を必要とする患者の数が増加し、献血できる若年層の人口が減少することで、2027年には年間89万人分の輸血用血液が不足すると試算されています。

また、短期間の間に大量の輸血用血液を必要とする災害などのケースに対処するためにも、人工血液など輸血用血液に代わるモノが求められています。

血液のうち血小板を主成分とした血小板製剤は、血小板の量的・質的異常があった場合などに輸血することになります。

一方で血小板製剤の保存期間は採血後4日以内と非常に短いという課題を抱えているほか、20~24度の温度に保ち常時動かす振盪保存を行わなくてはならないため、専用の保存装置を必要としています。

AdipoSeedsは、皮下脂肪組織由来の間葉系幹細胞から血小板を人工的に創製する独自技術を保有しています。この技術は血小板製剤の不足や保存にかかる課題の解決につながると期待されているほか、応用できる医療範囲も多岐にわたるため、同社は実用化のため事業を進めています。

医療分野など研究開発が重要な位置を占めるビジネスでは資金調達が事業の成功を握っています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ASCL-PLC 人工血液 再生医療 医療 大学発ベンチャー 株式会社 血小板 血小板製剤 血液 資金調達 輸血
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

YouTuberプロダクション「FunMake」が資金調達
2019年11月18日、株式会社FunMakeは、資金調達を実施したことを発表しました。 20〜40代の大人の趣味に関するコンテンツを提供するYouTuberのマネジメント・サポートを展開しています。…
ビジネスAIソリューション提供の「シナモン」が13億円調達
2020年4月23日、株式会社シナモンは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 機械学習やディープ・ラーニングを活用したAIに関連するプロダクトを提供しています。 具体的には、非定型…
スポーツ・ウェルネスD2Cの「TENTIAL」が資金調達
2020年7月1日、株式会社TENTIALは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社アカツキや、プロ・テニス・プレイヤーの西岡良仁選手などです。 スポーツ・メディア「SPOSHIR…
資金調達支援の「SoLabo」が経営者向け「資金調達の無料相談」を実施
2021年1月5日、株式会社SoLaboは、緊急事態宣言対策の資金調達に関する無料相談を受け付けることを発表しました。 この無料相談は、再度発表されると予想されている緊急事態宣言に向けたものです。 緊…
高級賃貸サイト「Modern Standard」と不動産テック総合ブランド「RENOSY」が統合
2020年12月7日、株式会社GA technologiesは、グループ会社である株式会社Modern Standardが運営する高級賃貸サイト「Modern Standard」と「RENOSY」のサ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ