注目のスタートアップ

視覚障害者・眼疾患患者向けウェアラブルデバイスを開発・販売する「ViXion」が10億円調達

company

2022年8月10日、ViXion株式会社は、総額9億5,956万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ViXionは、視覚障害者・眼疾患患者向けウェアラブルデバイスを開発・販売しています。

2022年8月現在、夜盲症や視野狭窄向けの暗所視支援眼鏡「MW10 HiKARI」の販売と、「MW10 HiKARI」ユーザー向けのリモートチャットサービスを展開しています。

今回の資金は、各種プロダクト、サービス開発体制の強化、経営管理組織・体制のさらなる強化に充当します。

夜盲症とは、暗い場所や夜に極端に視力が衰え、目がよく見えなくなる病気のことです。遺伝性の先天的なものと、ビタミンAの欠乏による後天性のものがあります。

夜盲症の原因のひとつである網膜色素変性症の頻度は、通常4,000人から8,000人に1人といわれています。

網膜色素変性症は進行性であり、日常生活の環境によっては気づきにくいことも多いようです。また、人や物とぶつかることが多くなる、車の運転が難しくなるといった、視野狭窄(視野が狭くなってくる)の症状から気づくことが多いようです。

網膜色素変性症は、機能をもとに戻したり、確実に進行を止めるという方法がありません。そのため指定難病のひとつとなっています。

対症療法として、特殊なサングラスをかけたり、ビタミンAの内服、各種補助器具の使用などが行われています。

ViXionが販売する「MW10 HiKARI」は、わずかな光を増幅させつつ自然に撮影できる低照度高感度小型カメラを搭載したヘッドマウントディスプレイです。

暗い場所でも明るいカラーで周囲が表示されるため、夜盲症・視野狭窄の人でも暗い場所の視野を確保できます。

プロダクトの研究開発には多くの資金が必要となるため、資金調達に関するノウハウを知っておくことが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ MW10 HiKARI ウェアラブル ウェアラブル・デバイス デバイス 医療 夜盲症 患者 支援 株式会社 視覚障害 視野狭窄 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

eスポーツ教育事業の「ゲシピ」と「東京メトロ」がeスポーツ事業で業務提携
2020年10月20日、ゲシピ株式会社は、東京地下鉄株式会社と業務提携したことを発表しました。 ゲシピは以下の事業を展開しています。 ・チーム作りや技術習得などeスポーツに参加するために必要な要素のセ…
産業用小型ドローン開発の「Liberaware」が資金調達
2019年9月11日、株式会社Liberawareは、資金調達を実施したことを発表しました。 狭小空間の点検・警備・計測を行う産業用小型ドローン「IBIS(アイビス)」の開発・運営を行っています。 ま…
BtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」運営の「ユニラボ」が14.4億円調達
2020年11月16日、株式会社ユニラボは、総額14億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 BtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」を運営しています。 システム開発、SaaS、マー…
SaaSのアカウント発行・権限設定自動化プラットフォーム「YESOD」提供の「イエソド」が2億円調達
2020年8月17日、株式会社イエソドは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 散らばった人事・組織情報を統合し、各種SaaSのアカウント発行・権限設定を自動化するSaaS統制プラットフ…
CtoCのプログラミング学習プラットフォーム運営の「テックピット」が3,000万円調達
2019年9月26日、株式会社テックピットは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」を運営しています。 スキルのある…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ