注目のスタートアップ

製造業向けの異常検知AIソフトウェアを提供する「アダコテック」が11億円調達

company

2022年4月27日、株式会社アダコテックは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。

アダコテックは、効率的な異常検知を可能とする製造業向けの異常検知AIソフトウェアを提供しています。

大手自動車会社など累計145社に導入されており、2021年度にはドイツへも進出しています。

今回の資金は、開発や、グローバルも含めた人材採用に充当します。今後、対象業界のさらなる拡大だけでなく、新規事業の立ち上げも行う予定です。

異常検知は、製造業などにおいて、出荷する製品などに異常がないかを調べる業務のことです。従来までは経験者による目視での異常検知が行われてきましたが、AI技術の進展によりAIを活用した異常検知が可能になりました。

これまでの目視での異常検知は見逃しなどのヒューマンエラーが発生することもあるほか、異常検知を行うための人件費もかかっていました。AIで代替することでヒューマンエラーをなくし、人件費を削減することができるため、多くの工場で異常検知AIの導入が進みつつあります。

アダコテックは、国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発した、高次局所自己相関(HLAC)特徴抽出法を用いた画像解析技術の研究開発を行い、それを異常検知AIに応用しています。

このアダコテックの異常検知AIソフトウェアは、不良データを必要とせず少量の正常データのみでよいこと、高価なGPUが不要で汎用的なPCで処理できること、検知結果がブラックボックス化せず、PDCAを高速に回すことができること、という大きな特徴を持っています。

そもそも製造業において不良品は極力出さないほうがよく、日本での品質管理は100万個中何個というレベルで行われているため、通常の数の教師データを必要とするAIでは、不良データを十分な数用意できないこともあります。これが日本での異常検知AIの導入が進まない理由のひとつと言われています。

そのためアダコテックの異常検知AIソフトウェアは、日本基準の品質管理においても導入可能な異常検知AIであり、今後もその導入数を伸ばしていくと考えられます。

企業を成長させていくためにはテクノロジーの活用が重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI アダコテック ソフトウェア ものづくり 株式会社 異常検知 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ゲーム・マシン・レンタルの「ミダスエンターテイメント」が4億円調達
2019年12月26日、株式会社ミダスエンターテイメントは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 アミューズメント施設へのゲーム・マシンのレンタル事業や、オンライン・クレーン・ゲーム「L…
スマート南京錠サービス提供の「KEYes」が資金調達
2020年5月12日、KEYes株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 南京錠の鍵管理SaaSを提供しています。 スマートフォン・アプリから南京錠の解錠操作や、いつ・誰が・どこで解錠したか…
ヘルスケア×フードテックの「MiL」が1.15億円調達
2019年9月18日、株式会社MiLは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 和フレンチレストラン「倭」や、ベビー・フード「Mi+ミタス」を展開しています。 「倭」は、調味料…
政治家や中央省庁・地方自治体と国民を繋ぐプラットフォームを運営する「PoliPoli」が資金調達
2022年5月12日、株式会社PoliPoliは、資金調達を実施したことを発表しました。 PoliPoliは、政治家や中央省庁・地方自治体と国民を繋ぐプラットフォーム「PoliPoli」・「PoliP…
オンライン自動車プラットフォーム「モタガレ」運営の「MiddleField」が5.8億円調達
2020年10月13日、MiddleField株式会社は、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古車の購入からカー・パーツの購入や取付までをトータル・サポートするオンライン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ