神戸市のスタートアップ支援事業に参加した企業60社によるイベント「KOBE STARTUP WEEK」が3/11~3/19に開催

event

2022年2月21日、神戸市は、「KOBE STARTUP WEEK」を3月11日(金)~19日(土)の約1週間にわたり開催することを発表しました。

「KOBE STARTUP WEEK」は、これまで神戸市が支援してきたスタートアップ約60社が参加するイベントで、東京、神戸の会場、そしてオンラインで開催されます。

「神戸CEOラウンドテーブルディスカッション」
・内容:スタートアップのCEOと事業会社のエグゼクティブ等が課題・ニーズに ついて意見交換し、参加者間のコミュニティ形成を促すイベント
・日時:2022年3月11日(金)
・会場:神戸

「KIKKAKE –知る/繋がる/始める“きっかけ”–」
・内容:最前線で活躍するスタートアップ、大手企業エグゼクティブ、産学連携の第一人者、政策キーパーソン等によるパネルディスカッションを中心に神戸の魅力を知り、神戸のコミュニティと繋がり、神戸で活動を始める“きっかけ”を提供するイベント
・日時:2022年3月15日(火)
・会場:CIC Tokyo(虎ノ門)/オンライン

「SESSA – KOBE STARTUP DEMODAY –」
・内容:注目のGovTech(ガブテック)の先駆け、神戸市での最新事例発表および豪華審査員が登場するピッチバトルにより、スタートアップと全国自治体、投資家を繋ぐイベント
・日時:2022年3月16日(水)
・会場:渋谷TRUNK(HOTEL)/オンライン

「SDGs Day」
・内容:世界のSDGs課題解決に挑戦するスタートアップイベントを国連機関UNOPSと兵庫県・神戸市共催で2日連続で開催。1日目は、世界のSDGsの課題解決に挑戦するスタートアップと投資家・事業会社とのビジネスマッチングを行うイベント。2日目は音楽とスタートアップピッチを融合した市民参加型公開イベント
・日時・会場:2022年3月18日(金)・起業プラザひょうご/3月19日(土)・神戸旧居留地(三井住友銀行神戸本部ビル前広場)

起業は経済成長にとって重要なものです。1人あたりのGDP向上に企業活動率が影響しているとの報告もあります。しかし、日本の起業活動率は他国に比べ低い数値となっています。

このことから、ゼロから新規事業を立ち上げることができる人材の重要性が高まり、起業支援に力を入れる自治体も増えてきています。

神戸市は全国的にもスタートアップ支援に力を入れている自治体です。

特に、ライフサイエンス系スタートアップに特化した支援や、海外のVCの500 Globalと連携した育成プログラムなどのグローバルなスタートアップ支援が特徴的です。

今回神戸市が開催する「KOBE STARTUP WEEK」は、そんな神戸市が支援してきたスタートアップや投資家などが参加・登壇するイベントです。

自治体によるスタートアップ支援がどのようなものなのか、自治体はどのようなスタートアップを求めているのか、今後自治体のスタートアップ支援がどのようになっていくのかなどを知ることができると思われます。

スタートアップとして成長するには、自治体やVCなどの協力や連携が必要となることもあります。興味のある方は参加してみるとよいでしょう。

VCなどから出資を受けるには、様々な準備や工夫が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャーキャピタリストなどの専門家にインタビューを行い、出資を受けるためのノウハウについて詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ KOBE STARTUP WEEK イベント オンライン コミュニティ スタートアップ スタートアップ支援 神戸市
詳細はこちら

500社以上のスタートアップ支援実績をもつ神戸から、約60社が登場!「KOBE STARTUP WEEK」開催

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

VRイベント・プラットフォーム運営の「クラスター」が8.3億円調達
2020年1月6日、クラスター株式会社は、総額8億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 VRイベント・プラットフォーム「cluster」の企画開発・運営を展開しています。 音楽ライブ…
VR事業など展開の「アビックシステム」とダンスのオンラインレッスンサービスなど提供の「だんきち」が資本業務提携
2022年6月15日、株式会社アビックシステムは、株式会社だんきちに出資し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アビックシステムは、システム開発事業・IT基盤ソリューション事業、ビジネスソ…
スタートアップ向けコンテスト「Startup Switch 2021」が開催 7/15〆切
ソニーグループ株式会社、京セラ株式会社、DIC株式会社、株式会社LIXILは、「Startup Switch 2021」の開催を発表しました。 「Startup Switch 2021」は、スタートア…
オンライン営業システム「bellFace」運営の「ベルフェイス」が30億円調達
2021年9月21日、ベルフェイス株式会社は、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン営業システム「bellFace(ベルフェイス)」を開発・運営しています。 アプリのインス…
「かんざし」がオンライン商談・面談サービス「クラウド商談どこでもSHOWBY」をリリース
2021年1月12日、株式会社かんざしは、「クラウド商談どこでもSHOWBY」を2021年1月12日から提供開始することを発表しました。 「クラウド商談どこでもSHOWBY」は、初期費用0円・月額利用…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ