注目のスタートアップ

オンライン医療・ヘルスケア・健康管理サービスを提供する「アナムネ」が「東京電力フロンティアパートナーズ」「TEPCO i-フロンティアズ」と資本業務提携

company

2022年9月15日、株式会社アナムネは、東京電力フロンティアパートナーズ合同会社に対して第三者割当増資を実施し、TEPCO i-フロンティアズ株式会社を含めた3社での資本業務提携を行ったこと発表しました。

アナムネは、医療相談・診療・健康管理・健康診断・医療情報検索をオンラインで提供する「おうち病院」や、疾患別コミュニティ「clila」を展開しています。

「おうち病院」は、さまざまな医療関連サービスをオンラインで提供するサービスです。

夜間・休日で専門医師にチャットで相談できる「オンライン医療相談」、初診から保険診療で利用できる「オンライン診療」、オンライン問診で栄養素の過不足を診断し最適なサプリメントを提供する「オンラインサプリ相談」、漢方専門家にチャットで相談できる「オンライン漢方相談・漢方外来」、医療特化検索メディア「clila」、会員制総合メディカルサポート「おうち病院パーソナルドクター」、血液検査キットを利用した自宅での健康診断「おウチで健康チェック」を提供しています。

今回の提携により、アナムネとTEPCO i-フロンティアズは、アナムネが有する医師体制や医療・ヘルスケアに関する知見・システム開発力と、東京電力グループが有する顧客基盤をかけ合わせ、日常的な健康管理や早期の医療相談ができるヘルスケアサービスプラットフォーム構築に向けて共同で取り組みます。

新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに、オンライン医療相談やオンライン診療に高い注目が集まりました。

オンライン医療相談/診療とは、PCやスマートフォンなどを利用し、遠隔で医療相談や診療を行うことです。

オンラインの医療サービスには、感染症対策以外にも、通院時間の削減、交通の便が悪い場所に住む患者でも必要な時に医療サービスを受けられる、医師としても継続的に患者の状態を把握できるなどのメリットがあります。

こうしたメリットがありながらもオンラインの医療サービスが普及しなかったのは、画面越しであるため見落としや誤診の可能性が高いことや、法律の整備などが追いついていなかったことが理由です。

しかしコロナ禍によってオンライン医療サービスの必要性が高まり、制度改正や、数々の専用サービスの提供が進んでいます。

今後、バイタルデータの取得ができるウェアラブルデバイスとの連携なども進み、ますますオンライン診療が便利になっていくことが予測されています。

株式会社アナムネのコメント

このニュースを受けまして、株式会社アナムネ 代表取締役 菅原康之氏よりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

今回の資本業務提携の目的は、東京電力のヘルスケア領域の新規事業として、当社の「おうち病院」をベースに構築することを目的としております。東京電力としては、ご契約者に対して電気以外の自宅内での生活の質を向上させるサービスを提供する計画となっており、そのヘルスケア領域のパートナーとして当社と提携したという形です。

・今後の展望を教えてください。

今後、当社の「おうち病院」はオンライン医療相談・オンライン診療に加えてウェルネス(健康管理)サービスの開発も進めております。今回の資本業務提携を土台に、これらを含めた「おうち病院」サービスを東京電力の契約者向けに提供を進めていくことを推進していきます。パートナー企業の持つユーザーデータを当社サービスに取り込むことで、そのパートナー企業ならではの付加価値を会員様やご契約者様に提供することができるようになります。

また、同様の資本業務提携を複数の企業と協議しておりますので、それぞれの企業と協業し、新しいヘルスケアサービスを提供していきたいと思っております。

・読者へのメッセージをお願いします。

当社では、現在積極的にメンバー募集をしております。
ぜひ、当社の既存メンバーSNS等で探して、紹介依頼していただけると嬉しいです!

コロナ禍は多くの領域で業務のデジタル化・オンライン化を迫りました。この状況に対応するには最適なシステムを導入することが必要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ clila TEPCO i-フロンティアズ アナムネ おうち病院 オンライン オンライン医療 オンライン診療 チャット ヘルスケア 健康管理 健康診断 医師 医療 医療相談 情報 東京電力フロンティアパートナーズ 株式会社 疾患 病院 相談 診療 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「SiNCE」が住宅ローン審査業務を自動化・外部化する「Rev-Work 住宅ローン事前審査版」をリリース
2021年11月17日、株式会社SiNCEは、「Rev-Work 住宅ローン事前審査版」をリリースしたことを発表しました。 「Rev-Work 住宅ローン事前審査版」は、事前審査用紙記入の案内や、郵送…
「データスコープ」が「ココロトヒナタ」と連携 顔認証を搭載した顧客管理・接客支援クラウドサービス「リピあげ」をリリース
2022年4月22日、株式会社データスコープは、株式会社ココロトヒナタと連携し、「リピあげ」の提供を開始したことを発表しました。 データスコープは、顔認証端末「Face FC」シリーズや、顔認証統合管…
電動車椅子型の近距離モビリティを開発・提供する「WHILL」が資金調達
2022年5月17日、WHILL株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 WHILLは、電動車椅子型の近距離モビリティの開発・提供や、自動運転サービス/システムの提供などを展開しています。 …
【8月6日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ
8月6日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。 リクナビ、内定辞退率予測を廃止 アップル、Siriの会話分析中止 リクナビを運営するリクルートキャリアが就活生の「内定…
システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess」運営の「YZ」が1億円調達
2022年6月6日、株式会社YZは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 YZは、システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess(ミクセス)」を運営しています。 従業員20名以下…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ