注目のスタートアップ

船の自動運転技術を開発する「エイトノット」が資金調達

company

2024年5月17日、株式会社エイトノットは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、池田泉州キャピタル株式会社が運営し、株式会社池田泉州銀行等が出資する「関西イノベーションネットワーク2号投資事業有限責任組合(イノベーションファンド25Next)」です。

今回の資金調達により、累計調達額は1.6億円となりました。

エイトノットは、ロボティクスとAI技術をコアに、小型船舶向け自律航行技術の開発を行い、海のDXと船舶のロボット化を推進しています。

手がけている「AI CAPTAIN」は、AIによるルート最適化、障害物や他船のセンサーによる検出、自動離岸・着岸などを実現する小型船舶向け自律航行プラットフォームです。

このソリューションは、既存の小型船舶でも改造・センサー機器を追加することで自動航行を実現できます。


自動車の自動運転や、ドローンの自律航行など、次世代技術として自動運転技術の開発が進められています。

この自動運転技術は、乗り物に関するさまざまな課題を解決するものであり、早期の実現が求められています。

たとえば、自動運転車は、走行における省力化や安全性向上を実現します。現在過疎地域などではバスやタクシーの撤退が相次いでおり、交通弱者が生まれています。自動運転車の実現は、こうした問題を解決することができます。

こうした中で、エイトノットは小型船舶の自動航行技術/プラットフォームの開発を進めています。

日本は四方を海に囲まれた島国です。船舶は沿岸地域や離島において重要な移動手段として広く利用されています。

しかし近年は、人手不足や高齢化によって船員が不足しており、これら地域での交通インフラの喪失リスクが問題となっています。

こうした問題を解決するのが船舶の自動航行技術です。

単純な自動操舵技術は以前から実用化されていますが、複数の船舶が行き交う海域や、漁具などの障害物が多い海域では事故防止のために複雑な航行が求められるため、従来の技術では不十分です。

エイトノットは、高度な自動航行を実現する技術/プラットフォームの提供により、船舶の課題解決を目指しています。

事業の大きな成長のためには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI CAPTAIN AI キャプテン BtoB DX エイトノット エイトノットAI CAPTAIN プラットフォーム ルート ロボット 最適化 株式会社 水上 海上 自動 自動航行 自動航行プラットフォーム 自動運転技術 自律 船舶 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クリエイター・プロダクション事業など展開の「BitStar」が10億円調達
2020年8月17日、株式会社BitStarは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クリエイター・プロダクション「BitStar」や、コンテンツ・スタジオ「BitStar Studi…
ホテルの適正価格を提示するAIプラットフォームの「空」が資金調達
2019年9月4日、株式会社空は、資金調達を実施したことを発表しました。 ホテルの料金設定を効率化する「MagicPrice」と、無料のホテル経営診断ツール「ホテル番付」を運営しています。 「Magi…
長距離ワイヤレス給電「AirPlug」の「エイターリンク」が2億円調達
2021年10月5日、エイターリンク株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スタンフォード大学発のベンチャー企業で、心臓のペースメーカーをはじめとした医療機器をワイヤレス給電す…
ハイブリッド無人物流プラットフォーム開発の「かもめや」が資金調達
2019年12月26日、株式会社かもめやは、資金調達を実施したことを発表しました。 ドローンなどの無人移動体を活用した物流プラットフォームを離島や山間部などで社会実装することを目指しています。 航空輸…
歯科技工物のCAD設計・デジタル製造サービス「エミウム 技工センター」を展開する「エミウム」が2.6億円調達
2022年12月14日、エミウム株式会社は、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エミウムは、歯科技工物のCAD設計・デジタル製造サービス「エミウム 技工センター」を展開し…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】