「Myuty-Chic」がサスティナブル・SDGs施策実施企業向けに「ウォッシュ診断スポットコンサル」を提供開始

tips

2021年12月28日、Myuty-Chic株式会社は、新メニュー「ウォッシュ診断スポットコンサル」を2021年1月から提供開始することを発表しました。

「ウォッシュ診断スポットコンサル」は、サスティナブル・SDGs施策を掲げる企業に向け、実態以上に取り組んでいると見せかけるウォッシュ(粉飾)にならないよう、監修を行うスポットコンサルティングサービスです。

発表資料・リリースなどの公式文書やHPなどを環境・SDGsの視点から監修し、企業の正しいサスティナブル・SDGs施策への取り組みを支援することを目的としています。

Myuty-Chicは、化粧品・美容フードなどを中心とした美容コンサルティング/マーケティング事業や、化粧品業界向けの環境・SDGsソリューション事業などを展開しています。

多くの企業でSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みが進んでいます。

消費者のSDGsに対する意識も向上しており、SDGsに取り組む企業が積極的に評価されるようになってきています。

そんな中、“実態以上に取り組んでいる”、“SDGsに取り組んでいると見せかける”といった、SDGsウォッシュが問題となっています。

たとえば、脱炭素化に向けて再生可能エネルギーを導入したのに化石燃料を取り扱う企業に投資をしているといった、公表しているSDGsの取り組みと矛盾する事業・活動をしていることなどがSDGsウォッシュと見做されます。

また、判断するのは消費者の側であるため、企業自身の意図に関係なくSDGsウォッシュと評価されてしまう可能性があるのが怖いところなのです。

そのため、SDGsに取り組む際には、SDGsに関する知識をもって企業の隅々まで目を配る必要があります。

「ウォッシュ診断スポットコンサル」といったサービスは、今後さらにそのニーズを伸ばしていく可能性があります。

Myuty-Chic株式会社のコメント

このニュースについて、Myuty-Chic株式会社よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

当社でサステナブル化粧品に関する実態調査のための調査では、2021年は2020年に比べて多少サステナブル市場規模は増加していましたが、それと同等の数字でウォッシュが増加しておりました。

化粧品業界においては、もともと市場規模は希少です。

仕事柄メーカー様など他社様のプレスリリースをよく拝見しますが、実態調査当時配信されていたプレスリリースでも、調査した母数のうち約半数がグリーンウォッシュ・SDGsウォッシュといえました。

30年前のヨーロッパが、今の日本といわれています。まずは、化粧品業界に限らず、このウォッシュを減少させていかなければなりません。

もちろん企業は戦略的にサステナブル方針を設定されるのが望ましいですが、当社の環境SDGsコンサルティングについてまだご存じのない方に、この「ウォッシュ診断スポットコンサル」をトライアルしていただき、文書単位で監修させていただくことで、真の課題や問題点などに気付いていただくことができます。

化粧品をはじめとした女性商材業界では、特にウォッシュが多いと感じていますので、ぜひこの機会にスポットコンサルをご活用ください。

・今後の展望を教えください。

化粧品業界でのサステナビリティ達成はまだまだですが、(リリースにもありますように)今後は経験や実績などから、化粧品のみならず、食や日用品、アパレルなどにまで裾野を広げ、女性商材業界全般向けに環境・SDGsコンサルティングサービスを行っていきます。

これにより、特に食では、アップサイクルがトレンドになっていることもあり、横断的に様々なコラボレーションが可能になります。

化粧品業界における環境・SDGsの重要性についても引き続き提唱していきながら、新しいイノベーションを生み出すサポートをさせていただきたいと考えております。

また、来期(22年3月1日)で12期目を迎える弊社は、社名変更などを含めたプチリニューアルを検討しております。より、環境SDGsを推進しているといったことが皆様にわかっていただけるような内容になるかと存じます。(役員人事等に変更はございません)

・読者へのメッセージをお願いします。

今後、環境・SDGsの分野では、イノベーションが求められます。サステナブル先進国を例に習い、新しいイノベーションを生み出しましょう。

SDGsに対する取り組みは、マーケティングにおいて重要視されはじめています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Myuty-Chic SDGs SDGsウォッシュ ウォッシュ ウォッシュ診断スポットコンサル コンサルティング サスティナブル サステナブル 企業 株式会社 環境 診断
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara」運営の「ノックオンザドア」が資金調達
2020年5月14日、ノックオンザドア株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara(ナナカラ)」を開発・運営しています。 てんかん患者の…
2社間ファクタリングサービス提供の「Dual Life Partners」が3社間ファクタリングサービス「Regu-pay」と業務提携
2021年6月18日、Dual Life Partners株式会社は、株式会社レグペイが提供する「Regu-pay(レグペイ)」との業務提携契約を締結したことを発表しました。 Dual Life Pa…
障害者特化型の仕事受発注プラットフォーム「NEXT HERO」運営の「ヴァルトジャパン」が4.4億円調達
2022年10月4日、ヴァルトジャパン株式会社は、総額4億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ヴァルトジャパンは、障害者特化型の仕事受発注プラットフォーム「NEXT HERO」を運…
猫の活動データを記録する首輪「Catlog」展開の「RABO」が1億円調達
2020年1月15日、株式会社RABOは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飼い猫の活動データを24時間記録する首輪「Catlog」を開発・展開しています。 歩く・走るなどの運動や…
AIアルゴリズム・モジュール開発やAI実装を展開する「日本データサイエンス研究所」が29億円調達
2020年10月19日、株式会社日本データサイエンス研究所は、総額約29億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 東大発のAI企業として、企業のDX推進や、企業へのAIの実装を展開しています。 …

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ