「オカムラ」と「ボーンレックス」が共同で新会社「NovolBa」を設立 スタートアップ向け家具付きオフィスのサブスクサービスを提供

tips

2021年12月23日、株式会社オカムラ株式会社ボーンレックスは、2021年11月12日に共同で株式会社NovolBaを設立したことを発表しました。

2020年4月から、オフィス家具メーカーであるオカムラは、新規事業立ち上げ支援を行うボーンレックスと共同で、「NovolBa(昇る場)」事業を実証実験として開始していました。

この事業では、スタートアップがオフィスを構築する際の課題を解決するため、家具付きオフィスと周辺サービスのサブスクリプションサービスを展開しています。

NovolBaは、このサブスクリプションサービスのさらなる充実を目的に共同で設立されました。

具体的なサービス内容は、オフィス物件を賃貸し、オフィス家具・Wi-Fiといった備品を設置した状態で、月額定額制でスタートアップに提供するというものです。

入退去工事が不要でサービス(6カ月毎契約更新)として利用できることが最大のメリットで、面倒な契約・手続きがなく、身軽に移転することができます。

働く場所は重要です。起業家ひとりだけしかいないのであれば、自宅やコワーキングスペースでも事足りるかもしれません。

しかし人を雇って一緒に働くとなると、それなりの環境が必要となります。

テレワークの普及によって自由な働き方が浸透し、オフィスを持たない企業も実現できるようになりましたが、利便性を考えるとオフィスを契約することを選択する企業のほうがまだ多いと考えられます。

オフィスには、賃貸オフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス・コワーキングスペース・シェアオフィスなど様々な種類があります。

中でも、賃貸オフィスを契約し理想の環境を構築することは起業家の夢のひとつです。

しかし賃貸オフィスは、物件探し、契約、家具選び、レイアウト作成など様々な手間がかかり、また、賃貸オフィスは退去する際、オーナーに半年以上前から通知をする必要があります。

そのため賃貸オフィスを契約するということは計画的に行わなくてはならないのです。

もしオフィスを構えたあとに、思ったよりも速いスピードで成長し多くの人材を雇う必要性が生じた場合、すぐにオフィス移転を考えなくてはなりません。

つまり賃貸オフィスを契約するということは、成長スピードも勘案しなくてはならないのです。

これは柔軟性が重要であるスタートアップにとっては大きな枷となってしまいます。

NovolBaは、このスタートアップのオフィス移転にかかる課題を解決するため、一社占有家具付きオフィスをサブスクリプションサービスとして提供しています。

年々スタートアップ1社あたりの調達額は上昇し成長企業が増えているため、こういったサービスの需要も高まっていくと考えられます。

起業の際にはオフィスが必要となります。賃貸オフィスを契約するのも良いですがコストがかかるため、創業期はシェアオフィスなどのオフィスも選択肢に入れると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ NovolBa オカムラ オフィス オフィス家具 サブスクリプション ボーンレックス 共同 家具 新規事業
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サブスク請求管理SaaS「KIMERA」やスケジュール管理SaaS「Aipo」など提供の「TOWN」が3.1億円調達
2022年1月13日、TOWN株式会社は、3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、モバイル・インターネットキャピタル株式会社です。 TOWNは、サブスク請求管理SaaS「…
昭和信用金庫インキュベーション施設「スタートアップえびす」入居者募集 11/20〆切
昭和信用金庫が運営する「スタートアップえびす」の入居者の募集が発表されました。 「スタートアップえびす」は、昭和信用金庫が新しく運営するインキュベーション施設です。 JR恵比寿駅から徒歩3分の立地にあ…
D&Dで直感的に使えるウェブとアプリのデザインツール「STUDIO」が正式ローンチ
平成30年4月2日、STUDIO株式会社は、「STUDIO」を正式ローンチしたことを発表しました。 「STUDIO」は、コードが書けないデザイナーでも、要素をドラッグ・アンド・ドロップで追加していくこ…
マネーフォワードがクーポンアプリ「tock pop」を11月にリリース
平成30年10月26日、株式会社マネーフォワードは、「tock pop(トックポップ)」を平成30年11月26日から提供を開始することを発表しました。 「tock pop」は、グルメやレジャー、美容・…
「マネーフォワード」が年内に仮想通貨取引所を開設へ
平成30年5月23日、株式会社マネーフォワードは、ブロックチェーン領域のビジネスを行う新会社を設立したと発表しました。 新会社名は「マネーフォワードフィナンシャル」で、平成30年からブロックチェーンに…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ