注目のスタートアップ

記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」提供の「モノグサ」が18.1億円調達

company

2021年12月20日、モノグサ株式会社は、総額約18億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を提供しています。

覚えてほしい内容を登録するだけで、その内容を定着させるために必要な問題をAIが自動で作成してくれるサービスです。

これにより教師は、宿題や確認テストをインポートするだけで、質の高い問題を作成することができます。

また、定着度に応じて問題の出題頻度や難度が調整されるため、生徒ごとにレベルに合った学習を実現することができます。

塾・私立学校だけでなく、語学教室や、美容・医療系専門学校、人材企業など、様々な領域で活用されています。

今後、大学・専門学校・企業など縦の連携を深め、ユーザーを生涯にわたって支援するプラットフォームとなるべく、事業を推進していきます。

今回の資金は、公教育への展開や、専門学校・大学等の高等教育領域への展開、社会人教育領域への展開、国外展開のための施策に充当されます。

教育領域では人手不足が大きな課題となっています。

教育において最大の効果を発揮させるためには、生徒の能力・学習度合いに応じた個別指導・個別学習の実現が重要です。

しかし教員が不足すると、そのぶん生徒ひとりひとりを見ることができなくなり、個別指導のクオリティが低くなります。

最終的には集団指導しかできなくなってしまうといった懸念もあるため、教育領域では省人化・効率化の重要性が非常に高いのです。

近年では、AI技術の進展によって生徒の能力・学習度合いをテクノロジーによって把握することが可能となりました。

学習支援プラットフォームも多数登場しており、私教育だけでなく公教育においても導入される事例が増えてきています。

学習支援プラットフォームには、たとえばデジタル教科書や、教員の業務を包括的に支援するもの、講義動画の配信など、様々なものがあります。

「Monoxer」は、学習における記憶定着に特化した学習支援サービスです。

記憶定着という汎用的な領域であるため、学校教育だけでなく、ありとあらゆる教育・学習においての活用が見込めます。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EdTech Monoxer プラットフォーム モノグサ 個別学習 学習 教育 株式会社 記憶定着 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医療介護マッチング・サービス運営の「KURASERU」が「前澤ファンド」から資金調達
2021年1月1日、株式会社KURASERUは、株式会社前澤ファンドから出資を受けたことを発表しました。 KURASERUは、退院後や在宅療養が困難な要介護者と介護施設をマッチングするサービス「KUR…
出張支援クラウド「BORDER」運営の「ボーダー」が1.5億円調達
2020年1月22日、ボーダー株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 出張支援クラウド「BORDER」を運営しています。 以下の点を特徴としています。 ・出張規程…
建設業向けの金融プラットフォーム提供の「ランドデータバンク」と給与前払いサービス提供の「マネーコミュニケーションズ」が業務提携
2021年11月15日、株式会社ランドデータバンクは、株式会社マネーコミュニケーションズと業務提携契約を締結したことを発表しました。 ランドデータバンクは、建設業界向けの立替・決済サービスを提供してい…
ガバナンス・リスク・コンプライアンス管理ソリューション提供の「GRCS」が1.6億円調達
2019年12月3日、株式会社GRCSは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 GRC(ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス)領域の課題を解決するソリューションを提供して…
「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が11/26に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「キャッチコピーの作り方講座」を2020年11月26日(木)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くため…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ