注目のスタートアップ

荷主と配送パートナーをつなぐプラットフォーム「PickGo」など提供の「CBcloud」が60億円調達

company

2021年12月17日、CBcloud株式会社は、総額約60億円の資金調達を実施したことを発表しました。

荷主と配送パートナーを直接つなぐプラットフォーム「PickGo」や、運送会社向け業務支援システム「SmaRyuトラック」、宅配事業者向け業務支援システム「SmaRyuポスト」を提供しています。

「PickGo」は、法人・個人といった荷主の依頼を、二輪車・軽貨物の個人パートナーや提携する運送会社と直接マッチングするサービスです。

2021年12月現在、二輪車・軽貨物の個人パートナーは合わせて4万人、一般貨物の協力運行会社は1,000社を超え、日本最大級の配送プラットフォームとなっています。

今回の資金は、プロダクト強化や、マーケティング、人材採用に充当される予定です。

物流事業者には、トラック運送や、倉庫業、鉄道運送、航空運送など様々なものがありますが、そのうちトラック運送事業者は全体の約8割を占めています。

またそのトラック運送事業者では99.9%が中小企業と、ほぼすべてが中小企業となっています。

トラック運送業界では、多重下請け構造とアナログな業務が大きな課題となっています。

物流業界では貨物利用運送事業者という、自らは輸送手段を持たずに荷主から依頼を受けて実運送事業者に貨物の輸送を依頼する運送事業者が存在します。

テクノロジーが発展していなかった時代では、情報を収集・整理して貨物の輸送を各運送会社に割り振るという重要な役目を担っていました。

しかし現在ではテクノロジーが発展し、情報の収集・整理といった業務は重要性が低くなりました。

それにも関わらず物流業界ではいまだ貨物利用運送事業者が多く存在しており、多重下請け構造を引き起こしています。

多重下請け構造によって適正な運賃を得られないこととアナログによる非効率により、実運送事業は報酬が低く待遇の悪い業界となってしまっています。

CBcloudは、このことと物流件数の増加などの時代の変化にも対応するため、荷主と配送ドライバーを直接つなげるプラットフォームを構築し運営しています。

一般的な企業では荷物を送ることがたびたびあります。「冊子版創業手帳」では、荷物を効率的に送るノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CBcloud PickGo SmaRyuトラック SmaRyuポスト 宅配 株式会社 物流 荷主 貨物 資金調達 運送 配送
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

風力発電機メンテナンス・ロボット開発の「LEBO ROBOTICS」が資金調達
2020年4月24日、LEBO ROBOTICS株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 風力発電機メンテナンス・ロボットを開発や、点検サービス・補修材料などの販売を行っています。 今回の資…
AI潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」を開発・販売の「ルートレック・ネットワークス」が2.6億円調達
2020年6月26日、株式会社ルートレック・ネットワークスは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」を開発・販売しています。 パイプハウス向…
有名人からオリジナルボイスメッセージが届くアプリ「ONE RECO」がリリース
2022年3月14日、Appright Entertainment株式会社は、「ONE RECO(ワンレコ)」をリリースしたことを発表しました。 「ONE RECO」は、声優・俳優・アイドル・ミュージ…
データ人材プラットフォーム展開の「SIGNATE」がMBO 6億円を調達
2022年4月1日、株式会社SIGNATEは、経営陣によるマネジメント・バイアウト(MBO)を実施するとともに、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、データスキルマネジメントSa…
「中小企業基盤整備機構」が中小企業再生ファンド「ルネッサンスエイト投資事業有限責任組合」の組成について合意
2020年12月23日、独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「ルネッサンスエイト投資事業有限責任組合」の組成について合意し、組合契約を締結したことを発表しました。 「ルネッサンスエイト投資事業有限責任…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ