注目のスタートアップ

「mish」がオリジナルの月額会員制動画サイトを作成できるサービスのリリースと資金調達を発表

company

2021年12月15日、mish株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、新規サービス「mish」を2021年12月15日に提供開始することもあわせて発表しました。

「mish」は、オリジナルの月額会員制動画サイトを作成できるサービスです。

サイトデザイン機能や、決済システム、動画・視聴者管理など、動画サイト運営に必要な機能を一括で提供するものです。

スマートフォンと動画プラットフォームの普及により、動画コンテンツ市場や動画広告市場は大きく伸長しています。

特に新型コロナウイルス感染症の流行による巣篭もり需要は大きく、2019年の動画広告市場の市場規模は約2,590億円だったものが、2020年には約2,950億円と成長しています。

今後、5Gの整備などもあるため、動画コンテンツ市場・動画広告市場は大きく伸長すると予測されています。

個人でも動画を投稿することができる動画プラットフォームであるYouTubeでは、動画投稿を生業とするYouTuberが登場し、もはや職業として認められるまでになっています。

動画投稿によって収益を上げたいと考える人びとも増え、たとえば動画中心のオンラインサロンや、フィットネスのスクールの運営、スポーツチームによるファン向け動画コンテンツなど様々なニーズが存在します。

しかしYouTubeといった動画プラットフォームは再生回数によって収益が決まるため、視聴者(ファン)に向けてディープなコンテンツを提供しようと考える場合に課題がありました。

そのため、視聴者(ファン)に直接月額課金してもらうことができる動画サービスのニーズが高まりました。

たとえば、哲学者・批評家である東浩紀氏が創業した株式会社ゲンロンは、ゲンロンカフェというイベントスペースを運営しています。

しかし新型コロナウイルス感染症によってリアルスペースでのイベントの開催が難しくなり、独自開発の放送プラットフォーム「シラス」を立ち上げました。

「シラス」は原則有料で提供され、購読料金を通じて配信者を支援することを特徴としています。

人文科学というマネタイズの難しい分野ではありますが、独自のブランディングやディープなファンのためのコミュニティを構築することで成功した例となります。

「mish」は、このように独自の動画プラットフォームを構築したい者に向けたサービスです。

YouTubeが取りこぼしている需要は思った以上に存在しているはずなので、今後どのような企業・個人が利用するのか注目が必要です。

動画などを活用したPRはビジネスの成長には欠かせません。しかし創業期はコストの面から満足できるPRを行えないこともあるはずです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ mish サービス サイト サブスク サブスクリプション 会員制 作成 動画 月額制 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中古仲介・リノベーションサービス「リノベ不動産」運営の「WAKUWAKU」が7億円調達
2021年12月8日、株式会社WAKUWAKUは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古不動産仲介とリノベーションのワンストップサービス「リノベ不動産」を運営しています。 不動産仲介…
健康保険組合向けオンライン診療サービス提供の「メドケア」が資金調達
2020年3月2日、メドケア株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 健康保険組合向けオンライン診療サービス「Medically」を開発・提供しています。 生活習慣病を中心とする慢性疾患に特…
看護師向けメンタルサポートサービスを開発する「Plusbase」が資金調達
2022年5月9日、株式会社Plusbaseは、資金調達を実施したことを発表しました。 Plusbaseは、看護師向けメンタルサポートサービス「ナースビー(Nurse-be)」と、医療機関向けメンタル…
ライブコマースアプリ「Live Shop!」を提供するCandeeが24.5億円調達!
平成29年12月12日、株式会社Candeeは、総額24億5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ソーシャルライブコマースアプリ「Live Shop!」や、動画マーケティング支援、タレン…
顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が1.5億円調達
2020年8月31日、株式会社インゲージは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メール・チャット・LINE・Twitterなど様々な問い合わせ情報の一元管理・社内共有を可能…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ