注目のスタートアップ

プラントベースフードブランド「2foods」などウェルビーイング事業展開の「TWO」が資金調達

company

2022年1月21日、株式会社TWOは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、カゴメ株式会社です。

カゴメと共同で商品開発を行うプラントベースフードブランド「2foods(トゥーフーズ)」や、中性重炭酸入浴剤ブランド「BARTH」を展開しています。

「2foods」は、美味しさと健康・エシカルを両立した“ヘルシージャンクフード”をコンセプトに、プラントベースフードをカゴメと共同で展開しています。

2022年1月現在、都内6店舗で、動物性原材料不使用・植物由来原料のドーナツ・担々麺・カレー・サラダ・コールドプレスジュース・ガトーショコラ・プリン・ソフトクリームなど約50種類のメニューを提供しています。

またオンラインストアにおいてスイーツ第1弾となる「濃厚ガトーショコラ」を販売しています。

カゴメとは2021年4月に包括業務提携契約を締結しています。

今回の資金は、「2foods」事業の展開加速に充当されます。

家畜の生産は、倫理・環境の面において課題を抱えています。

動物を飼育しそれを食べるということは倫理的な問題があるとして、世界的に議論されています。

また家畜は効率の悪い食料生産の方法であるだけでなく、たとえば牛は、二酸化炭素の約28倍の温室効果のあるメタンガスをげっぷとして放出し、環境に悪影響を与えています。

こういった課題から、倫理的な(エシカルな)食品が登場しています。その中でも主流なものである植物由来の原料のみを使用するプラントベースフードは、ミレニアル世代やデジタルネイティブであるZ世代など、時代の流れに敏感な世代に注目されており、その市場が広がっています。

また、倫理に配慮したものを積極的に選ぶことをエシカル消費と呼びますが、環境問題に敏感なヨーロッパやアメリカではもはや当たり前なものとなっており、その流れは日本にも波及してきています。

とはいえエシカルな食品はまだ商品開発がはじまったばかりであり、食味に課題があることも少なくありません。

TWOは、健康系飲料なども展開する大手食品メーカーのカゴメと共同で、新たな食の流れを作り出そうとしています。

SDGs(持続可能な開発目標)は人類として長期的に取り組んでいかなくてはならないことですが、これはビジネスチャンスでもあります。トレンドでもあるため資金調達がしやすいという側面もあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスの創造・成長にとって役に立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 2foods SDGs TWO エシカル エシカル消費 カゴメ プラントベースド・フード 健康 共同 商品開発 株式会社 植物由来 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アクセラレーター・プログラム「TOHOKU GROWTH Accelerator」が開催
2019年7月25日、株式会社MAKOTOキャピタルは、仙台市と共同で、「TOHOKU GROWTH Accelerator」を実施することを発表しました。 「TOHOKU GROWTH Accele…
解体工事の一括見積りサービスの「クラッソーネ」が不動産名義変更サービスの「AGE technologies」と業務提携
2021年10月7日、株式会社クラッソーネは、株式会社AGE technologiesと業務提携契約を締結したことを発表しました。 クラッソーネは、解体工事において専門工事会社と施主をマッチングする一…
「日本クラウドキャピタル」がベンチャー株式のセカンダリーマーケット「FUNDINNO MARKET」をリリースへ
2021年10月26日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)」の提供に向け、準備を進めることを発表しました。 「FUNDINNO MARKET…
業界最大積載量の農薬散布ドローン「ヘリオスアグリ16」が販売開始
2021年8月17日、東京ドローンプラス株式会社は、「ヘリオスアグリ16」の正式販売を開始したことを発表しました。 「ヘリオスアグリ16」は、業界最大級となる16Lの積載が可能な農薬散布ドローンです。…
個人向け銀行ローンDXプラットフォーム「クラウドローン」が「SMBCファイナンスサービス」と事前審査の連携を開始
2021年11月16日、クラウドローン株式会社は、SMBCファイナンスサービス株式会社と、事前審査の機能を備えた新バージョンの「クラウドローン」を開始することを発表しました。 クラウドローンの提供する…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ