注目のスタートアップ

「Jitera」が3.2億円調達 開発自動化プラットフォーム「Jitera」β版とテクニカルサポートプランを提供開始


2022年11月30日、株式会社Jiteraは、総額約3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「Jitera」のβ版と、テクニカルサポートプランの提供を開始したことも併せて発表しています。

「Jitera」は、ソフトウェア開発のプロセスを自動化する開発プラットフォームです。

フロントエンド、バックエンド、インフラ、API連携まで幅広く自動化し、複雑なロジックが必要ないコードを「Jitera」で書くことでエンジニアの工数を削減します。

さらに、ソースコードの出力により、フルスクラッチ開発と同じ柔軟性を保ちながら、3倍の開発速度を実現します。

これまでの数十件のプロジェクトで、平均60〜70%、最大で90%のソフトウェア開発の自動化に成功しています。

今回の資金は、「Jitera」の開発と、「Jitera」を活用した開発支援事業の体制強化に充当する予定です。

さまざまな産業でデジタル化やDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進され、ITエンジニアの需要が急激に高まっています。

経済産業省が公表している「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(IT人材等育成支援のための調査分析事業)報告書」(2018年12月28日)によると、2018年時点ですでに22万人のIT人材が不足しており、2030年には最大で約79万人が不足することが予測されています。

こうした状況のなか、ソフトウェア開発の領域ではローコード開発やノーコード開発と呼ばれる、ソースコードを極力書かない(もしくはまったく書かない)開発手法と、そのためのツール/プラットフォームの注目が高まっています。

ローコード/ノーコード開発では、専用のツールを使い、テンプレートを使用したり、部品・機能などをドラッグアンドドロップによって組み合わせていくことでソフトウェアを開発します。

一からソースコードを記述するのに比べて柔軟性が低く、ツールが用意していない機能を実装することはできません。

しかしプログラミングに関するスキルがあまりなくても開発でき、さらにコストを削減しながらスピーディな開発を実現できるという特徴から、小・中規模の開発で活用されています。

ローコード/ノーコード開発の2020年度の市場規模は約515億円で、前年度と比べて24.3%増加しています。

今後も市場の成長が予測されていますが、一方でローコード/ノーコード開発には、柔軟性がないこと、ひとつのツールやプラットフォームに縛られてしまうことといった課題があることも明確になっています。

Jiteraは、このローコード/ノーコード開発において、フルスクラッチのような柔軟性の高い開発でありながら、大幅な工数削減・自動化を実現する開発プラットフォーム「Jitera」の提供により、世界的なシェア獲得を目指しています。

株式会社Jiteraのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Jitera 代表取締役 栁澤 直氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

「Jitera」のサービス拡充を目的に資金調達を行いました。

・今後の展望を教えてください。

今回調達した資金は、「Jitera」の開発体制や「Jitera」を活用した開発支援事業の体制強化に充てる予定です。
Jiteraの機能拡充の内容は、対応するプログラミング言語の拡充や自動化率の向上等です。
2023年中に自動化率80~90%を目指しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

グローバル市場で挑戦する日本発のスタートアップとして、ソフトウェア開発のデファクトスタンダードとなることを目指し、オートコーディング市場で世界的なシェア獲得を目指します。今後ともよろしくお願いいたします。

事業の大きな成長には戦略的な資金調達が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Jitera オートコーディング ソフトウェア開発 ノーコード ローコード 株式会社 自動化 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デジタル保険代理店「コのほけん!」の運営やInsurtech事業を展開する「Sasuke Financial Lab」が11.2億円調達
2022年9月6日、Sasuke Financial Lab株式会社は、総額11億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Sasuke Financial Labは、デジタル保険代理店…
出荷者と流通事業者をつなぐ農業流通特化型SaaS「nimaru」提供の「kikitori」が3,000万円調達
2021年1月14日、株式会社kikitoriは、3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 出荷者と流通事業者をつなぐ農業流通特化型SaaS「nimaru」を提供しています。 このサービ…
短時間で食料品・日用品を届ける宅配スーパーを運営する「OniGO」が7.2億円調達
2022年4月8日、OniGO株式会社は、総額7億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 OniGOは、10分で食料品や日用品を届ける宅配スーパー「OniGO」を運営しています。 実店…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」2020年4月の登録ユーザー数が設立以来最高に
2020年5月14日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO」の2020年4月の月間登録ユーザー数が設立以来最高となったことを発表しました。 「FUNDINNO」は、株式投資型クラウドフ…
法人向けエネルギー調達プラットフォーム「エネオク」運営の「エナーバンク」が5,000万円調達
2020年7月27日、株式会社エナーバンクは、約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ジェネシア・ベンチャーズです。 エナーバンクは、最適・最安の電力契約に切り替え…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ