大容量の食品・日用品をお得にまとめ買いできるアプリ「TinderBox」がリリース

tips

2021年12月10日、Tinderbox株式会社は、「TinderBox」のオープンβ版をリリースしたことを発表しました。

「TinderBox」は、大容量の食品・日用品をお得にまとめ買いできるアプリです。

大手ECサービスより平均30~40%安い卸売価格で大容量商品を提供しています。

商品の種類は1,500点程度に抑え、商品の大量仕入れを実現し、ボリュームディスカウントを実現しています。

また、まとめて買えば買うほど節約できるダイナミックプライシングの導入と、7,900円以上のまとめ買いで送料無料にすることで、まとめ買いを促進する仕組みを構築しています。

郊外に倉庫型の大規模な店舗を構え、会員制によって運営するディスカウントストアをホールセールクラブやウェアハウスクラブと呼びます。

日本でもっとも有名なホールセールクラブは、アメリカ発の「コストコ」でしょう。

1999年に福岡県に1号店を構えてから22年、2021年7月時点でコストコは日本に30店舗を構えています。

日本においてはテレビで特集が組まれるなど認知度も高いのですが、郊外に店舗を構えるという性質上、車を保有しない人は利用が困難であるという課題があります。また、会員制ということもあり、興味はあるが利用しないという潜在層が一定数存在することが予測されます。

「TinderBox」は、そんなホールセールクラブの潜在層をメインターゲットとしたECサービスです。

ホールセールクラブは、ただ安く買えるだけでなく、買い物という体験をエンターテインメントのようにすることで、購買意欲をかき立てる構造を持っています。

「TinderBox」はそのエンターテインメント性も意識してUXを設計しています。

今後、新たな食品・日用品ECとしてどのように市場を獲得していくのか注目が必要です。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ EC TinderBox ダイナミック・プライシング まとめ買い 日用品 株式会社 食品
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」が「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」と業務提携
2020年10月9日、株式会社Minoruは、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)と業務提携することを発表しました。 Minoruは、家賃を払い続けることで最終的にはマイホームとなる、新しい住…
戦略リサーチャーの育成・戦略リサーチの自社運用サービス「&Insight」が提供開始
2021年2月2日、株式会社Bloom&Co.は、「&Insight」の提供を開始したことを発表しました。 「&Insight」は、戦略リサーチャーの育成と、戦略リサーチの自社運用を可能にする新サービ…
ランナー向けサービス運営の「ラントリップ」が6,000万円調達
2020年12月25日、株式会社ラントリップは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下のサービスを提供しています。 ・ランニング・コースを見つけられるWebサービス「Runt…
大学の研究室や研究機関向け研究業務DXプラットフォーム「Wizdom」開発の「PRES」が4,700万円調達
2022年2月24日、株式会社PRESは、総額4,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Wizdom(ウィズダム)」のβ版の提供を開始したことも併せて発表しました。 「Wizdo…
発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が18.5億円調達
2021年4月19日、DAIZ株式会社は、総額18億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、2021年3月25日に発表した農林中央金庫からの出資も含まれています。 DAIZは、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ