犯罪予測システム開発の「Singular Perturbations」が1億円調達

company

2021年11月24日、株式会社Singular Perturbationsは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

独自手法を含む高精度・高速な犯罪予測アルゴリズムをもととした犯罪予測システム「CRIME NABI」を開発し、このシステムによる予測結果を活用した警備・パトロール業務の最適化支援アプリ「Patrol Community」を提供しています。

「CRIME NABI」は、いつ・どこで未来の犯罪が起きるのかを予測するシステムです。過去の犯罪発生情報や、人口統計、土地利用データ、天気などのデータから独自のアルゴリズムをもとに犯罪予測を行っています。

「Patrol Community」は、「CRIME NABI」を活用した最適な警備経路を策定できるモバイルアプリです。ルートの作成だけでなく、警備の記録や電子日報の共有・管理も行うことができます。

今回の資金は、プロダクト・事業開発の加速や、人材・R&Dの強化に充当されます。

アメリカの約60の都市の警察には、「PredPol(プレドポル)」という犯罪予測システムが導入されています。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究グループが開発したこのシステムは、過去の犯罪情報のデータなどをもとに、将来いつ・どこで犯罪が起きるのかをAIが予測するというものです。

カリフォルニア州サンタクルーズでは、導入初年度に犯罪率が2割減少するなどの成果を上げています。

またドイツにおいても独自のシステムが導入されているほか、日本においても2016年から京都府警が「予防型犯罪防御システム」を導入しています。

このようにAIを用いた犯罪予測は大きな期待が寄せられており、犯罪のない社会を構築するために必須のものとなるかもしれません。

しかし犯罪の予測というのは犯罪者を作り出してしまう危険性もあり、その使用法について議論が必要であることも覚えておかなければなりません。

AIはこれまで不可能だったシステムを実現しています。ビジネスによって非常に有効なシステムもあるため、導入を検討するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI CRIME NABI Patrol Community Singular Perturbations アルゴリズム 予測 株式会社 犯罪 警備 資金調達 防犯
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建機の遠隔操作・自動運転の「ARAV」が6,300万円調達
2021年3月8日、ARAV株式会社は、総額6,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 既存の重機に後付けすることで、遠隔操作や自動操縦を行えるようにするプロダクトを開発しています。 20…
建築学生向けサービス「BEAVER」運営の「ArchiTech」が3,500万円調達
2021年5月24日、ArchiTech株式会社は、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建築学生向けに、設計作品共有サービス・建築ソフト学習サービス・就活支援サービスなどを提供…
弁護士・法律事務所向け次世代型クラウド案件管理システム「LEALA」運営の「レアラ」が1億円調達
2021年8月24日、株式会社レアラは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 弁護士・法律事務所向け次世代型クラウド案件管理システム「LEALA」を開発・運営しています。 顧客・案件/契…
「ハッチ・ワーク」が「Carstay」と連携し仕事空間を提供する「モバイル・オフィス」プロジェクトを開始
2021年1月26日、株式会社ハッチ・ワークは、Carstay株式会社と連携し、「モバイル・オフィス」プロジェクトを開始したことを発表しました。 「モバイル・オフィス」は、個人・法人向けに、キャンピン…
IoT用小型ボードとプラットフォームの「obniz」シリーズ展開の「obniz」が2.1億円調達
2021年3月3日、株式会社obnizは、総額約2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 あらゆるものをIoT化できるボード「obniz Board」や、「obniz Board」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ