注目のスタートアップ

中高生向けデジタル教材プラットフォーム提供の「Libry」が資金調達

company

2021年11月17日、株式会社Libryは、資金調達を実施したことを発表しました。

中高生向けデジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」を提供しています。

大手出版社・教科書会社と提携し、既存の教科書や問題集をそのままデジタル化していることや、学習データにもとづいて生徒ごとに最適な問題をレコメンドする機能などを特徴としています。

また生徒向け機能だけでなく、教員向けには宿題管理ツールを提供し、宿題の配信・回収・集計を自動化し業務効率化を支援しています。

今回の資金は、プロダクト開発・営業体制の強化に充当されます。

文部科学省初等中等教育局の資料「いわゆる「教員不足」について」(平成30年8月2日)によると、11都道府県・指定都市にアンケートをとったところ、小学校では11自治体で266人の常勤・50人の非常勤の不足、中学校では10自治体で101人の常勤・153人の非常勤の不足が明らかになりました。

また、中学校の教科担任については、3自治体で34人が不足しており、教員不足は非常に深刻な事態となっています。

教員が不足している大きな理由に、特別支援学級が増えたこと、産休・育休取得者が増えたことなどが挙げられます。

これらは教育環境、教員の労働環境の改善のために推進されたことであるため、これ以外の取り組みによって教員数を増やす、業務効率化を図ることが必要です。

そのため教育xテクノロジーであるEdTechはとても大きな期待が寄せられています。

特にAI技術の向上は大きく、これにより簡単かつ安価に生徒の個別学習が実現できるようになりました。

2021年4月から、生徒ひとりひとりに端末を支給するGIGAスクール構想が始まっており、教育領域でのデジタル改革はこれから加速していくと考えられます。

デジタル教材についても、文部科学省は予算22億円規模で「学習者用デジタル教科書普及促進事業」を実施し、学校現場において導入が進んでいないデジタル教材の推進を行っています。

人手不足は様々な領域で深刻なものとなっています。そのためデジタルツールの導入による効率化が重要です。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EdTech Libry エドテック デジタル デジタル化 プラットフォーム リブリー 学習 教材 教育 株式会社 業務効率化 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ運営の「なんでもドラフト」が1.7億円調達
2021年6月28日、株式会社なんでもドラフトは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ「なんでもドラフト」を運営しています。 スポーツ…
バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー」提供の「jinjer」が資金調達
2022年6月23日、jinjer株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年3月23日には、総額約51億円の資金調達を発表しています。 jinjerは、バックオフィス向けクラ…
AI顔診断と美容カウンセリング・サービス「mira」運営の「KINDLER」が資金調達
2020年4月30日、KINDLER株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 AI美容カウンセリング・サービス「mira(ミラ)」を運営しています。 1枚の写真から5秒で顔の特徴を分析し、美…
法⼈向けコンプライアンスデータベース提供の「KYCコンサルティング」が資金調達
2022年4月26日、KYCコンサルティング株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 コンプライアンスチェックツール「Risk Analyze(リスクアナライズ)」と、⾼機能リスク情報検索シ…
国産の米ぬか由来のスーパービタミンEなどを製造・販売する「ファイトケミカルプロダクツ」が3,770万円調達
2022年4月7日、ファイトケミカルプロダクツ株式会社は、総額3,770万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ファイトケミカルプロダクツは、東北大学大学院工学研究科北川尚美教授が開発したイオン…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ