注目のスタートアップ

地域医療連携システムを提供する「M-INT」が9,000万円調達

company

2024年2月22日、株式会社M-INTは、総額約9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

M-INTは、医療連携システム「M-INT」を開発・提供しています。

医療機関情報のデータベース化と診療情報提供書(紹介状)授受のデジタル化により、患者紹介業務のDXを実現するシステムです。

患者紹介業すべてのデジタル化、日本医師会が発行する医師資格証(HPKIカード)を用いた電子署名機能、紹介先医療機関の検索機能、患者紹介実務に必要な情報が登録されたデーターベース、ワンクリックでの診療情報提供書(紹介状)共有機能を特徴としています。

今回の資金は、医療現場での業務効率化をより推し進める新機能の開発、サービス拡販・拡充を目的とした人材の獲得に充当します。


患者は、怪我・病気の兆候などを感じた際に、診察・診断・治療を受けるために病院に行きます。

この病院の選択にあたっては、一般的に、病院や医師の評判、家族や知人からの推薦といった情報が判断の基準となります。

しかし、医療機関における外来機能の情報が十分に提供されていないこと、患者に大病院志向があることなどの理由により、主に大病院に外来患者が集中しているという問題が発生しています。

この問題により、医療リソースのミスマッチングや、大病院における患者の待ち時間増加、外来負担の増加などの課題が生まれています。

医療機関としては、日常的な診療はかかりつけ医機能を担う身近な医療機関で受け、必要に応じて紹介を受けて他の医療機関を受診し、そして逆紹介によって身近な医療機関に戻るという流れが理想的です。

そのためには、医療機関での連携や情報発信能力を強化することが重要です。

M-INTは、医療機関情報のデータベース化と紹介状授受のデジタル化により患者紹介業務のDXを実現し、上記の課題解決と医療機関の業務効率化に貢献しています。

株式会社M-INTのコメント

このニュースを受けまして、株式会社M-INTよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の資金調達により、医療現場での業務効率化がより可能となるための新機能の開発と、サービス拡販・拡充に向けた新たな人材獲得を目指していきます。

・今後の展望を教えてください。

現在は都内・横浜エリアを中心に展開しておりますが、「医療現場のインフラ」としてより多くの医療機関への導入を目指しエリア展開して参ります。またそれに伴い「より多くの方々に使いやすいM-INT」を実現する機能やサービスも充実させて参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

私たちM-INTは「医療が誰の手からもこぼれ落ちない未来」の実現を目指し、それを支える医療従事者の方々が幸福でより働きやすくなることをミッションに日々尽力しています。この思いに賛同し、協業や共にM-INTで働くことを希望される方、企業様がおりましたら、是非ご連絡お待ちしております。

事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB M-INT システム 共有 医療 医療機関 地域医療連携 患者 患者紹介 株式会社 業務 紹介 紹介状 診療 診療情報提供書 資金調達 連携
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

化学のものづくりDXに特化したデータ解析・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB」がリリース
2022年4月21日、データケミカル株式会社は、「Datachemical LAB(データケミカルラボ)」の提供を開始したことを発表しました。 「Datachemical LAB」は、無機・有機・高分…
医療ITの「リーズンホワイ」が医師専用SNS「Whytlink」Android版提供
リーズンホワイ株式会社は、「Whytlink」の Android 版アプリの提供の開始を発表しました。 「Whytlink」は、実名で登録した医師同士の効率的な情報共有を目的としたコミュニケーションツ…
作業自動化トータルソリューションパッケージ「OKIKAE」など展開の「ASTINA」が3.7億円調達
2022年1月19日、株式会社ASTINAは、総額約3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 作業自動化トータルソリューションパッケージ「OKIKAE」や、IoTデバイス開発・コンサ…
カメラのサブスクリプションサービス「GooPass」展開の「カメラブ」が10億円調達
2022年1月31日、カメラブ株式会社は、総額10億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPas(グーパス)」や、カメラのWebメディア「#Goo…
「メリービズ」が「Handii」が提供する法人カード発行サービス「paild」を活用した「原価計算ソリューション」を発表
2020年10月20日、メリービズ株式会社は、株式会社Handiiが提供する「paild」を活用した「原価計算ソリューション」を発表しました。 Handiiが提供する「paild」は、必要な分だけ法人…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】