アバターの自動生成・編集システム「AVATARIUM」やNFT 3DCGマーケットプレイス「Pocket Collection」提供の「PocketRD」が4.5億円調達

company

2021年11月12日、株式会社PocketRDは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アバターの自動生成・編集システム「AVATARIUM」や、NFT 3DCGマーケットプレイス「Pocket Collection」(β版)の開発・提供を行っています。

「AVATARIUM」は、VRなどデジタル空間上で必要となる自分のアバターを自動生成・編集できるサービスです。

アバターの生成には全身撮影用のボディスキャナーによる撮影、もしくはスマートフォンカメラで撮影した写真1枚を利用します。

「Pocket Collection」は、3D技術を活用したアートワークなど、デジタルの創作物の大量保存、2次創作、2次流通、販売が可能なサービスです。

作品の2次創作・2次流通についても権利を管理し利益分配を行うことで、多くのクリエイターが創作に関わることができるプラットフォームとなるよう設計しています。

資本業務提携先の1社であるKDDIとはすでに事業連携を開始しており、「AVATARIUMスキャナー」を、INZA456 powered by KDDIや、au Style SHIBUYA MODIなどに設置し、オリジナルアバターと「バーチャル渋谷」が連携しています。

講談社、大日本印刷とも様々な企画検討を開始しています。

2021年10月28日、Facebookは、社名をMeta(メタ)に変更しました。

マーク・ザッカーバーグ氏は社名変更の理由を、SNS事業のひとつの名称にすぎないFacebookでは、様々な事業を提供する/していく企業としてふさわしくないため、と説明しました。

また、次世代のプラットフォームである「メタバース」に注力する姿勢であることも表明しました。

メタバース(Metaverse)とは、大雑把にいえばインターネット上に構築された仮想空間のことを指します。

主にVRゴーグルなどを利用して接続・参加することを想定しており、現実世界を超える自由な体験を提供する空間として様々な開発が続けられています。

メタバースはエンターテインメント空間としてだけでなく、次世代のインターネットの到達点であるとも考えられており、将来的にはメタバース上で行政サービスを受けられたり、メタバース上のオフィスで仕事をするといったことも予想されています。

メタバースではアバター(自身の分身となる表象)が必要となりますが、それは3DCGキャラクターでなくともよく、たとえば単純なアイコンや、ピクトグラムのようなものでもメタバースに参加できると考えられます。

しかし、アバターを利用した配信者であるVTuberの活動を行う人が増えていることなどから、人はメタバース上においても現実世界におけるファッションなどと同様に自身を表現するための表象を必要とし、またメタバースでは自由な表現ができることから、むしろ現実世界よりも盛り上がる領域なのではないかと考えられます。

そのためメタバースの時代では、アバター関連ビジネスが大きな市場を獲得する可能性は高いでしょう。

最新の技術を活用した事業を展開する場合、事業の拡大のためにさらなる技術開発も必要となり、そのために資金を要します。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3DCG AVATARIUM NFT Pocket Collection PocketRD VR XR アバター クリエイター マーケットプレイス メタバース 株式会社 空間 自動 資本業務提携 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

映像制作の「イマジカ」が15億円のファンドを組成しエンタメ領域に投資へ
株式会社イマジカ・ロボット ホールディングスの子会社でベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズは、1号ファンドを組成しました。 1次募集として約12億円の出…
銀行体験を最適化するクラウド型ソリューション提供の「nCino」が資金調達
2020年12月22日、nCino株式会社は、株式会社三菱UFJキャピタルとSMBCベンチャーキャピタル株式会社から出資を受け入れたことを発表しました。 米国ノースカロライナ州に本社を置くnCinoは…
次世代ゲノム解析サービス開発の「Zene」が5,000万円調達
2021年3月8日、株式会社Zeneは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代ゲノム解析サービス「Zene360」をB2B/B2E向けに提供するため、サービス利用の募集を…
デジタル上に人生の最期に伝えたいメッセージを遺し届けることができる「lastmessage」提供の「パズルリング」が1.6億円調達
2021年11月1日、株式会社パズルリングは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタル上に人生の最期に伝えたいメッセージを遺し届けることができる「lastmessag…
オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」運営の「メリービズ」が資金調達
2019年11月22日、メリービズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」を運営しています。 全国750名以上のプロの経理人材が…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ