注目のスタートアップ

本の要約サービス「flier」運営の「フライヤー」が6億円調達

company

2022年5月27日、株式会社フライヤーは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

フライヤーは、本の要約サービス「flier」を運営しています。

主にビジネス書を1冊10分程度で読めるように要約し提供しています。

2019年から、人材育成サービスとして「flier法人版」を提供しています。

今回の資金は、人材育成サービスとしてのプロダクトの強化、福利厚生用途や施設導入など新しいニーズへの体制強化、活字以外のコンテンツ(音声・動画など)と機能の拡充に充当します。

ビジネス書は年間5,000冊以上が出版されています。

毎年新たなベストセラーが誕生しており、最新の科学的知見や、ビジネスに活用できる新たな理論などを学ぶことができます。

書籍は専門性が高く信頼性も高いため知識を得るには非常に有用な媒体ですが、一方で読むのに時間がかかるため、読まなければならないとわかっていても読めないという人も多いでしょう。

書籍の要約サービスは、このように書籍を読むのに時間をとれない人のニーズに応えるもので、着実に会員数を伸ばしています。

また、ながら聞きできるオーディオブックは、何か作業しながらでも聞けるため、こちらも新たな書籍の需要方法として大きく注目され、そのシェアを拡大させています。

「flier法人版」は、ビジネス書の要約が読めるだけでなく、学んだことを定着させるためのアウトプット機能があることが特徴的です。学んだことや気づきをメモし、それを社員同士でシェアできるため、社員のメモからも知見を深めていくことができます。

人手不足が深刻な中、即戦力の採用だけでなく、既存の社員のスキルの向上も重要となっています。「flier法人版」は、社員自らが学んでいくことができるため、人材育成サービスとして注目されています。

読書はコストパフォーマンスの高い学習方法です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ flier ビジネス書 フライヤー 人材 人材育成 教育 書籍 株式会社 活字 福利厚生 要約 資金調達 運営
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Shopify Plus」を中心としたOMOの立ち上げを実現するパッケージサービス「Next Plus」が提供開始
2022年6月22日、株式会社フラクタは、国内環境に適合したShopifyアプリを提供する企業アライアンス「App Unity」(株式会社フィードフォース)と共に、パッケージサービス「Next Plu…
「Showcase Capital」が投資家とスタートアップをプレゼン動画でつなぐサービス「Smart Pitch」をリリース
2020年5月1日、株式会社ショーケースの子会社である株式会社Showcase Capitalは、「Smart Pitch(スマートピッチ)」を2020年5月1日にリリースしたことを発表しました。 「…
植物由来のバイオマスプラスチック「PlaX」を製造・販売する「Bioworks」が資金調達
2021年10月11日、Bioworks株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 生分解性とCO2排出削減効果の2つの特性を持つポリ乳酸を使用したバイオプラスチック「PlaX」を製造・販売し…
BIツール「ACROVE FORCE」を軸としたECプラットフォーム事業を展開する「ACROVE」が5億円超調達
2022年6月20日、株式会社ACROVEは、総額5億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 ACROVEは、独自のBIツール「ACROVE FORCE」を軸としたECプラットフォーム事業を展開…
ケア・プラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」開発などの「ウェルモ」が15.7億円調達
2020年3月26日、株式会社ウェルモは、総額15億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京電力パワーグリット株式会社などです。東京電力パワーグリットとは、業務提携契約を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ