ケア・介護のD2Cブランド「KISS MY LIFE」展開の「TOKIMEKU JAPAN」が繊維商社の「田村駒」と資本業務提携

company

2021年11月5日、株式会社TOKIMEKU JAPANは、田村駒株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

OKIMEKU JAPANは、ケア・介護領域のD2Cブランド「KISS MY LIFE」を展開しています。

折りたたみ杖や、医療用ケア帽子、前開きパジャマ、介護ケアシューズなど、ケア・介護領域で機能性とファッション性を両立したプロダクトを提供しています。

国立病院をはじめ、6カ所で病院内ミニショップも運営しています。

2022年2月に、高齢者向けのライフスタイル製品をメイン商材とした新ブランド・新サービスの立ち上げを予定しています。

大手繊維商社である田村駒とはこれまでも共同で商品企画・販売を行ってきましたが、今回の資本業務提携によりさらに連携を強化し、企画~販売までのスピードを向上させ、製品提供を通じてより多くのケア・介護領域の課題解決を実現していきます。

日本では少子高齢化が大きな課題となっており、2021年に65歳以上の人口は約29%だったものが、2045年には約37%になると予測されています。

これに伴い、高齢者向けのプロダクトのニーズも高まることが予測されます。

TOKIMEKU JAPANがケア・介護の領域で、機能性とファッション性を両立したプロダクトを手掛けているのは、デザイナーが若年性のがんを患い、病人然とした姿に気持ちが沈んだことがきっかけとなっています。

高齢化によって多くの課題を感じそれを解決するためのプロダクトを求める高齢者も多くなると考えられます。

D2Cは若者向けのプロダクトを展開している印象がありますが、すでに大人向けおむつや、シニア向けファッションD2Cブランドなども登場しています。

また高齢者層はデジタル化が進んでいないこともあり、シニア向けマーティングといった領域についてもニーズが高まることでしょう。

D2Cビジネスは、顧客の声を直接聞くことができ、即座にプロダクトに反映できることが大きな魅力です。また、SNSなどインターネットを使ったマーケティングとも相性が良いといわれています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも実施できるネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C KISS MY LIFE TOKIMEKU JAPAN ケア シニア ファッション 介護 田村駒 資本業務提携 高齢者
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ウーマン・ウェルネス・ブランド「Ubu」展開の「MEDERI」が3,000万円調達
2020年7月31日、MEDERI株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年3月にウーマン・ウェルネス・ブランド「Ubu(ウブ)」をローンチし、20〜30代の女…
自立分散システムによるキー・テクノロジーの「ビットキー」と「パナソニック」が資本業務提携
2021年5月6日、株式会社ビットキーは、パナソニック株式会社のハウジングシステム事業部と資本業務提携を締結したことを発表しました。 ビットキーは、自律分散型システムを活用したデジタル・コネクト・プラ…
「東急」と株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営の「日本クラウドキャピタル」が資本業務提携
東急株式会社は、株式会社日本クラウドキャピタルと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 日本クラウドキャピタルは、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営し…
SNSマーケティングの「タグピク」と子会社の「マルシェ」が「電通」とD2Cブランディング領域において業務提携
2020年10月1日、タグピク株式会社と、子会社であるマルシェ株式会社は、株式会社電通との間で、業務提携契約を締結したことを発表しました。 この業務提携は、D2C事業の推進、支援高度化を目指すためのも…
IoTを使った在庫・発注管理の「スマートショッピング」が医薬品卸売事業など展開の「スズケン」と資本業務提携
2021年11月11日、株式会社スマートショッピングは、株式会社スズケンと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 スマートショッピングは、商品の重さを自動計量するIoTを活用した在庫・発注管…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ