「寝かせ玄米」をD2Cビジネスを展開する「結わえる」が8.7億円調達

company

2020年4月23日、株式会社結わえるは、総額8億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

製造から販売まですべての工程を自社で行うD2Cで「寝かせ玄米」を販売しています。

「寝かせ玄米」は、玄米を圧力釜で炊いてから独自製法で寝かせることにより、炊きたてのものよりも美味しさを向上させた玄米ご飯です。

「結わえる 本店」など、全国9カ所の店舗で、昼は玄米定食、夜は居酒屋として「寝かせ玄米」を提供し、自社ECサイトでのパックに購買をつなげています。

今回の資金は、マーケティング強化や、人材採用などに充当されます。

株式会社インテージの調査によると、2018年度におけるヘルスケア・フーズ市場は、2.6兆円と巨大な市場となっています。

また、内訳をみると、健康食品・サプリメントが減少した一方、健康・美容目的で摂る一般食品・飲料は増加しています。

機能性表示食品市場の活性化は、この一般食品・飲料市場の伸びの要因のひとつとなっているようです。

また、中堅の通販専門企業は苦戦しているものの、ECベンチャーなど、デジタル・マーケティング戦略を行っている企業は売上を伸ばしています。

プロダクトやサービスを売るためにマーケティングは必須です。しかし創業期にはコストをかけた施策を行うことは難しいでしょう。「冊子版創業手帳」では、ネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C 寝かせ玄米 株式会社 玄米 結わえる 資金調達 飲食

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ