注目のスタートアップ

株式会社MISOVATION 斉藤悠斗|完全食味噌汁の企画・開発・販売の事業展開が注目の企業

完全食味噌汁の企画・開発・販売の事業展開で注目なのが、斉藤悠斗さんが2021年に創業した株式会社MISOVATIONです。

皆さんは普段のお食事をどのように召し上がっていますか?栄養バランスを意識した食事習慣を持てていますか?

その人の身体はその人が食べたもので出来上がっていく、と言われます。
まさに「医食同源」という言葉が示す通り、食事は健康維持の根幹です。食べ物にはそれぞれ様々な栄養素が含まれており、それらは人が生きる上で必要不可欠なものばかりです。これらの栄養素を日々の食事でバランスよくしっかり体内に吸収していくことが、私たちの体作りや健康維持には一番望ましい方法なのです。

しかし現在、核家族世帯が増え、男女共働きの社会になり、夜遅くまで活動し、気が付けば一日が過ぎていた、そんな生活を送る人が増えています。
特に若い世代を中心に、食事は大切だと頭ではわかっていても、仕事や家事育児に追われついつい後回しになってしまい、外食やコンビニ・スーパー等のお弁当で済ませてしまうという人も少なくはありません。
あるいは、いざ食事内容を改善しようと思っても、具体的にどのような食事を作ったものかわからなず途方に暮れる方や、献立を考える面倒臭さが先立ってしまいあきらめてしまった、という方もいるのではないでしょうか。

それに加えグローバル社会になり、様々な国の食文化が輸入され、日本人の食卓が西洋化してきたことによって、メタボリックシンドロームや従来とは違った病気の発生率が高まったりしていることも事実です。

そんな中、近年では世界各地で「スーパーフード」と呼ばれる食材が注目を浴びるようになりました。スーパーフードとは、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること、一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつもの、を指しています(日本スーパーフード協会より)。
アサイー、カカオ、ココナッツ、スプラウト等々、様々な食材が注目されており、その中には日本で古来から食されてきたスーパーフードがいくつもあります。中でも世界的に注目されているのが「味噌」です。

そもそも日本人の体質に合った発酵食品であり、ビタミンB・E、カルシウム、イソフラボン、オリゴ糖、ポリフェノールなど、アンチエイジングや健康に欠かせない栄養素がたっぷり含まれたとても優秀な食材である「味噌」。
今、この味噌の持つパワーに着目し、誰もが手軽に食せる完全栄養食を全国にお届けしようとする新たな挑戦に注目が集まっています。

株式会社MISOVATIONの事業の特徴は、日本人が一日に必要とする栄養素をギュッと1杯に凝縮したお味噌汁である、という点です。
難しい調理は必要ないので、誰でも手軽にいつでもどこでも、美味しく食べてお腹を満たしながら、栄養を体に吸収することが出来ます。

株式会社MISOVATIONの斉藤悠斗さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

世界初の「完全栄養」の味噌汁であることです。「日本人の食事摂取基準」に基づき、1食に必要な31種類の栄養素をバランスよく摂取できるよう、栄養士が開発しました。不足しがちな25種類のビタミンとミネラル、19.4gのたんぱく質や6.5gの食物繊維などの栄養素に加え、味噌、甘酒、枯節といった発酵食品で、腸内環境の面からも健康をサポートします。味噌汁の商品はフリーズドライが一般的なのですが、MISOVATIONは美味しさと栄養価を維持するため、具材をそのまま瞬間冷凍してパウチに詰めています。毎月味噌の種類を変えてお届けしますので、日本各地の味噌との出会いも楽しめます。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

健康になりたいけれど、我慢もしたくない…。そういった方に是非試していただきたいです。健康と聞くと「美味しくない」「無機質で満足感がない」といった印象を持たれる方も多いと思います。MISOVATIONは「心を満たす完全食」をコンセプトに、通常の味噌汁と変わらない美味しさを目指し、味噌や野菜といった食材由来の栄養素を中心に完全食を開発しました。甘味料・保存料・着色料・香料・化学調味料を一切使用していないため、ケミカルな味もしない健康食品になっています。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

生活習慣病のリスクを減らすことで健康寿命を延伸を目指しています。また、日本で消費が落ち込む味噌の摂取量を増やし、各地域の伝統的な味噌蔵を守るべく活動しています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

数え切れないほどありますが、一番は商品開発です。冷凍で完全栄養の味噌汁、という既存市場にない商品を作るにあたり、美味しさと栄養価のバランスには苦戦しましたし、何より我々のやりたいことを理解して製造に協力いただける工場を探すのも大変でした。正解のない場面が多く、創業初期は工場の開拓や試作をとにかく繰り返し、行動量で乗り越えました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

会社としては「味噌汁で世界の予防医療にイノベーションを起こす」というビジョンを実現したいと思っており、まずは「味噌汁といえばMISOVATION」といったイメージを持っていただけるブランドを目指したいです。今後はマス向けの商品開発や海外展開、パーソナライズ化を行っていきたいと思っています。

・今の課題はなんですか?

マーケティングです。既存の市場にない先進的な商品だからこそ、しっかり消費者に価値を啓蒙し、満足いただける努力が必須だと感じています。「具沢山の味噌汁を食べることで健康が維持される」といった体験をもっともっと多くの方に広げていきたいと思っています。

・読者にメッセージをお願いします。

自分の実現したいビジョンやプロダクトがあれば、まずは形にしてみることが大事だと思っています。MISOVATIONも「1000円の味噌汁なんて売れない」「完全栄養の味噌汁には惹かれない」など批判的な意見も多くいただきました。もちろんそれらは間違いではないのですが、100人に1人が愛してくれるサービスであればビジネスとしては成立します。「形にして、あとは努力で広げていく」というやり方もアリだと思い、日々励んでいます。

会社名 株式会社MISOVATION
代表者名 斉藤悠斗
創業年 2021年
事業内容 完全食味噌汁の企画・開発・販売、味噌汁を通じた予防医療サービスの提供
サービス名 完全食味噌汁「MISOVATION」
所在地 103-0028 東京都中央区八重洲1-2-16 TGビルディング8階 xBridge-Tokyo内
代表者プロフィール 1994年生まれ。宮崎県出身。東京農業大学で栄養士免許を取得し、研究室ではうま味の研究に従事。大学卒業後、カゴメ株式会社、株式会社リクルートキャリアにて勤務。「重度の認知症となった祖父の介護経験」「栄養士である自分自身も会社員時代に健康管理できなかった経験」「栄養士の社会的地位が低い現状」がきっかけとなり、食の予防医療推進を行うべく2021年に株式会社MISOVATIONを創業。現在は味噌汁を通じた食の予防医療D2Cサービス「MISOVATION」を準備中。2021年1月よりMakuakeで先行販売した第一弾プロダクト「完全食豚汁」は開始後1週間で300%達成。2021年10月に「完全食味噌汁」を正式にリリース。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C MISOVATION サブスク フードテック 完全栄養食 完全食 斉藤悠斗
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クルマのサブスク「ノレル(NOREL)」展開の「IDOM CaaS Technology」が14億円調達
2022年4月12日、株式会社IDOM CaaS Technologyは、総額14億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IDOM CaaS Technologyは、中古車販売「Gulliver…
D2Cフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」など展開の「PETOKOTO」が「ベガコーポレーション」と資本業務提携
2021年10月7日、株式会社PETOKOTOは、株式会社ベガコーポレーションと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 PETOKOTOは、ペットライフメディア「PETOKOTO」や、独自の審…
ウェルネスプロテイン「KOREDAKE」展開の「メップル」が1.5億円調達
2021年8月24日、株式会社メップルは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ウェルネスプロテイン「KOREDAKE」を展開しています。 女性が1食に必要な31種類の栄養素…
D2CブランドやD2Cソリューション事業を通じてファッション業界のDXを推進する「Brandit」が資金調達
2021年12月27日、株式会社Branditは、CRGホールディングス株式会社の子会社であるCRGインベストメント株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Branditは、自社生産…
D2C乳幼児向けフードブランド「the kindest」展開の「MiL」が資金調達
2022年2月22日、株式会社MiLは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、兵庫県・神戸市が出資するひょうご神戸スタートアップファンドです。 乳幼児向けフードのD2Cブランド「the k…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ