注目のスタートアップ

ヘリコプター遊覧予約サービスやヘリコプターチャーターサービスを展開する「AirX」が資金調達

company

2021年10月27日、株式会社AirXは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、双日株式会社です。

AirXは、ヘリコプター遊覧予約「AIROS Skyview」と、ヘリコプターチャーター(貸切)サービス「AIROS」を展開しています。

「AIROS」は、ビジネス・ゴルフ・観光などの移動や、機体の撮影、空撮など様々な用途で利用することができます。

ヘリコプターの遊休機と利用者をマッチングすることによって、予約時間の短縮と低コスト化を実現しています。

ビジネスジェット事業を展開する双日とは、ビジネスジェットの利用者に向けたヘリの利用促進や、ヘリ利用者へのビジネスジェットの利用促進などの相乗効果を見込んでいます。

また、ビジネスジェットとヘリの共通プラットフォームを共同開発するなど、モビリティ関連での新たなサービスの展開を考えています。

2025年に開催される大阪・関西万博では空飛ぶクルマ(エアモビリティ)によって万博会場まで送客するということが考えられています。

すでに実証実験が開始されており、一般観客の前でもフライトが行われました。

中国の電気自動車メーカーXpengの関連会社であるエアモビリティ企業のHT Aeroは、5億ドル(約570億円)の資金調達を実施するなど、次世代の乗り物として非常に注目されていることがわかります。

エアモビリティは空を飛ぶため、目的地までの所要時間が短縮されることや、渋滞がなくなることなど数々のメリットがあります。

課題としては機体の安全性や、法整備、管制システムの構築が挙げられます。

将来的には、複数の交通機関をひとつのサービスとして捉え一体的に提供するMaaS構想に組み込まれると考えられます。

またヘリコプターや飛行機といった航空機もMaaSに組み込まれ、最適な活用法が模索されていくでしょう。

東京のヘリポート数は世界で一番多いものの、騒音規制や自治体・政府の規則によりヘリコプターはあまり活用されていない状況にあります。

AirXは将来的なエアモビリティの普及も考え、まずはヘリコプターやビジネスジェットの領域から地盤を固めていく考えでしょう。

プラットフォームビジネスは、利用者やコンテンツの拡充がビジネスの成長に直結するため、営業が重要となってきます。「冊子版創業手帳」では、リソースが足りない創業期において、営業を支援してくれるツールの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AIROS AIROS Skyview AirX エアモビリティ チャーター プラットフォーム ヘリ ヘリコプター マッチング 予約 双日 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「スペイシー」が100円均一のコワーキング・スペース「100円スペイシー」を開始
2019年7月10日、株式会社スペイシーは、「100円スペイシー」を2019年7月10日から開始することを発表しました。 「100円スペイシー」は、1時間100円で利用できる、電源とWi-Fiを完備し…
ビジネス書などの要約サービス「flier」運営の「フライヤー」が2億円調達
2021年1月18日、株式会社フライヤーは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビジネス書や、実用書、教養書など、幅広い分野から厳選した本の要約を提供するサービス「flier(フライヤ…
ファッションメディア運営などの「STYLICTION」が1億円調達
STYLICTION株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 完全オリジナル・コンテンツのファッション・メディア・アプリ「itSnap」と、Webメディア「itSnap Mag…
海外留学サービス「スマ留」提供の「リアブロード」が1億円調達
2020年12月11日、株式会社リアブロードは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 海外留学サービス「スマ留」を提供しています。 語学学校の空き場所や空き時間を利用することで、従来の留…
コミュニケーション・ロボット「OriHime」など開発の「オリィ研究所」が5億円調達
2020年10月15日、株式会社オリィ研究所は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の製品・サービスを開発・提供しています。 ・遠隔操作で自由自在に動かせる小型分身ロボット「Ori…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ