注目のスタートアップ

副業・フリーランス管理クラウド「Lansmart」提供の「CloudBrains」が8,000万円調達

company

2021年10月26日、株式会社CloudBrainsは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

副業・フリーランス管理クラウド「Lansmart(ランスマート)」を提供しています。

副業・フリーランスとの契約書・発注書・請求書のやりとりをクラウド上で一元管理できるサービスです。

業務委託パートナーごとの契約条件などのステータス情報を簡単に把握できるほか、毎月の業務報告から請求書の作成・提出・承認までを一気通貫で行うことで業務効率化を図ることができます。

今回の資金は、さらなる機能開発や、販売体制の強化に充当されます。

「【ランサーズ】フリーランス実態調査 2021」によると、フリーランス人口は2018年の1,151万人から500万人ほど増加し、2021年には1,670万人となりました。

この数は労働人口の24%であり、着実とフリーランスが増えてきていることがわかります。

また厚生労働省の資料によると副業を希望している雇用者数も年々増加傾向にあります。

このように多様な働き方が普及するにあたって、企業も環境の変化に対応する必要があります。

特にスタートアップでは創業期からフリーランスや副業人材を活用することが多いため、彼らとのやりとりなどを効率化するニーズがあると考えられます。

また近年ではコーポレートガバナンスが重視されるようになってきており、投資家・VCからの出資を受けて成長しようと考えているスタートアップでは、コーポレートガバナンスに関する施策も考えなくてはなりません。

今後、フリーランス・副業人材を活用する機会も増えてくると考えられるため、早い段階で環境・社内制度を整備しておくことが肝要です。

企業の成長には人材の活用が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウや、フリーランスの活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CloudBrains Lansmart クラウド フリーランス ランスマート 一元管理 副業 契約書 株式会社 管理 請求書 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIサイバー・セキュリティ・ソリューション提供の「CyCraft Japan」が「三菱総合研究所」とパートナー業務提携を開始
2020年10月19日、株式会社CyCraft Japanは、株式会社三菱総合研究所を正規販売店として迎えることを発表しました。 これにより、三菱総研グループの株式会社アイネスとの3社連携で、企業向け…
M&A仲介の「Growthix Capital」が20億円調達 サーチ・ファンド事業拡大へ
Growthix Capital株式会社は、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本式サーチ・ファンドによるM&A仲介事業を展開しています。 サーチ・ファンドとは、社長を目指す人材が…
不動産事業者向けビジネス・マッチング・ツール「オーナーズガーデンPro」運営の「リアンコネクション」が6,000万円調達
2020年5月28日、株式会社リアンコネクションは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産事業者向けビジネス・マッチング・ツール「オーナーズガーデンPro」 を運営していま…
候補者の能力・ポテンシャルを可視化するSaaS「Worksamples」提供の「HRport」が5,000万円調達
2021年7月9日、株式会社HRportは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 候補者の能力・ポテンシャルを可視化するアセスメントサービス「Worksamples」を運営して…
AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法開発の「アイリス」が資金調達
2020年8月6日、アイリス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法を開発しています。 今回の資金は、研究開発の加速や、グローバル…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ