注目のスタートアップ

信頼できるAI実現のための独自のソリューションを提供する「Citadel AI」が5.2億円調達

company

2023年7月12日、株式会社Citadel AIは、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Citadel AIは、信頼できるAI実現のための独自のソリューションを提供しています。

2023年7月現在、開発・学習段階のAIの自動耐性テストを行う「Citadel Lens(シタデル・レンズ)」と、運用段階の自動モニタリングを行う「Citadel Radar(シタデル・レーダー)」を提供しています。

AIのモデルやフォーマットに依存しない汎用的な検証機能を特徴としています。

今回の資金調達により、主力製品の対象を生成AIなどの最新AIへと拡充するための開発、AIの信頼性に関わる各国の法制度やさまざまなISO標準に対する適合性テスト機能の搭載などを行い、グローバル市場への事業展開を加速化させます。


近年、AI(人工知能)の研究開発が著しく進展し、ビジネスを含むさまざまな領域でAIの活用が進んでいます。

AIは人間が扱うことができる範囲を超えた大量のデータを、スピーディ・高精度・複合的に分析することができます。これにより、これまで人力では不可能だったデータの分析や、業務の高度な自動化・効率化が実現されています。

また、近年はOpenAI社のAIチャットボットであるChatGPTなどの生成AIが高い注目を集めています。

ChatGPTは、人間の問いかけに自然文で答えてくれるチャットボットなのですが、これまでのチャットボットと異なり、高精度で柔軟な回答を実現しており、さらにテキストの要約、企画書・小論文の執筆、プログラミングなど、幅広いタスクを行ってくれる汎用的なAIとして振る舞うことから各所に大きな衝撃を与えています。

今後もAIの高性能化が進められていき、ビジネスでも活用の幅が広がっていくと予測されます。

こうしたなか、AI開発やビジネス活用において課題として顕在化してきたのが、AIの信頼性の問題です。

AI開発では、大量のデータをもとに自動で特徴量を抽出し学習するディープラーニング(深層学習)が利用されていますが、ディープラーニングの場合、AIによる推定理由を人が理解したり説明したりすることが難しいといわれています。

たとえば、画像分析による犯罪者の予測にAIを活用する場合、犯罪者である可能性が高いとAIが判断したとしても、人間に理解できる形でその理由が示されなければ、正しくそのシステムを利用することができません。

ほかにも生成AIでは、まったく正しくない答えを正しいといって出力したり、この世に存在しない情報(架空の店舗やサービスなど)を出力するなど、嘘の情報を出力してしまうことが課題となっています。

つまり、AIをビジネスで活用するためには、説明性、透明性、品質、公平性などの要件を明らかにした「信頼できるAI」が求められるのです。

Citadel AIは、こうした信頼できるAIを実現するためのソリューションを提供し、信頼できるAIの社会実装に貢献しています。

AIはこれまで非効率的だった業務の大幅な効率化を実現するなど、大きな革新をもたらしています。AIの活用は企業の利益を最大化するために重要な取り組みであるため、もし非効率的な業務があるのならば、最適なAIソリューションを探すことが必要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考になさってください。

また、システムの整備においては資金調達が必要となることもあるでしょう。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Citadel AI Citadel Lens Citadel Radar ソリューション 人工知能 信頼できるAI 株式会社 検証 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データ分析SaaS「Sales Rush Board」を提供する「Srush」が1.8億円調達
2022年7月4日、株式会社Srushは、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Srushは、データ分析SaaS「Sales Rush Board」を提供しています。 連携デ…
デジタル・ヘルスの「FiNC Technologies」が50億円調達
2020年1月6日、株式会社FiNC Technologiesは、総額約50億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ヘルスケア/フィットネス・アプリ「FiNC」を運営しています。 悩みや毎日の体…
カスタム・サラダ専門店運営の「クリスプホールディングス」が5億円調達
2020年2月25日、株式会社クリスプホールディングスは、クリスプホールディングスを株式移転完全親会社、株式会社クリスプおよび株式会社カチリを株式移転完全子会社とする株式移転を行い新会社として発足し、…
LINEで動くオンラインサロン「fan.salon」を運営する「Miteki」が資金調達
2023年1月16日、株式会社Mitekiは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サイバーステップ株式会社です。 Mitekiは、LINEで動くスーパーアプリ型のオンラインサロンプラット…
AI英会話アプリ「TerraTalk」の開発元が2億円調達!
平成29年12月8日、ジョイズ株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI英会話アプリの「TerraTalk」を開発・提供しています。 発音や表現の出来などをAIが自動的に診…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】