CRM・接客チャット「チャネルトーク」とノーコードアプリ開発プラットフォーム「Appify」が技術・業務提携

tips

2021年10月21日、株式会社株式会社Channel Corporationは、株式会社Appify Technologiesと技術・業務提携契約を締結することを発表しました。

Channel Corporationは、CRM・接客チャットツール「チャネルトーク」を開発・提供しています。

Webサイトに組み込んで使える顧客との接点であるWebチャットと、顧客鼓動に応じた施策ができるCRMマーケティング機能、ノーコードでチャットボットを作成できる機能などにより、熱狂的なファンを作るための顧客コミュニケーションツールです。

Appify Technologiesは、ECアプリをノーコードで作成できるアプリ作成プラットフォーム「Appify(アッピファイ)」を提供しています。

月額4,980円、最短2週間での公式アプリの提供を可能としています。プラットフォームは、BASE、Shopify、CAMPFIRE Communityに対応しています。

今回の提携により、ECのLTV(顧客生涯価値)向上のためのソリューションを11月末からパッケージとして提供します。

Shopifyでオンラインショップを運営する事業者は、Shopifyアプリである「チャネルトーク」・「Appfiy Mobile」の両方をインストールすることで、CRMと連動したプッシュ通知や、接客などの顧客コミュニケーションなどを行える高機能モバイルアプリを簡単に作成・利用することができます。

LTVとは、Life Time Valueの略語で、日本語では顧客生涯価値と訳されています。

意味としては、顧客が企業と取引を開始してから終了するまで、どれだけの利益をもたらすかという指標です。

近年LTVが重要視されている理由としては、以前市場を席巻していた売り切りモデルから、サブスクリプションモデルへとビジネスが転換したことが挙げられます。

サブスクリプションモデルは売り切りモデルと違い、一度の売買ではあまり売上が得られません。利益を向上させるためには、顧客に継続して契約・購入してもらう必要があります。

また、既存顧客を維持するよりも新規顧客を獲得することのほうが多くのコストがかかるため、サブスクリプションモデルでは既存顧客をできるだけ長くつなぎとめるための努力を行います。

その指標のひとつとしてLTVが注目されているのです。

LTVを向上させるためには、顧客とのあいだに良好な関係を構築する必要があります。

そのために必要となるのがCRM(顧客関係管理)です。CRMは、顧客の属性や購買履歴などの情報を管理するためのシステムです。

またCRMは様々なツールとの連携によりさらに力を発揮します。特にチャットボットと連携することで、顧客ごとに最適化したコミュニケーションを行うことができるため、顧客満足度の向上に資するでしょう。

プロダクトやサービスを開発したあとは売る方法を考えなくてはなりません。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Appify Appify Technologies Channel Corporation CRM Shopify アッピファイ アプリ チャット チャットボット チャネルトーク ノーコード プラットフォーム マーケティング 接客 業務提携 開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オーダー・メイド・インソール「HOCO」開発の「ジャパンヘルスケア」が1,400万円調達
2019年12月27日、株式会社ジャパンヘルスケアは、総額約1,400万円の資金調達の実施を発表しました。 AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダー・メイド・インソール「HOCO(ホコウ)」…
B2C事業者のDXを支援する「UPBOND」が資金調達
2021年10月26日、株式会社UPBONDは、資金調達を実施したことを発表しました ノーコードのCRMツール「UPBOND Communication」、CIAMツール「UPBOND Identit…
フリマ・アプリの出品代行マッチング・プラットフォーム「マカセル」がリリース
2020年6月2日、株式会社MONO Technologiesは、日本初の出品代行マッチング・プラットフォーム「マカセル」を2020年6月2日から開始したことを発表しました。 「マカセル」は、フリマ・…
LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud」提供の「Micoworks」が資金調達
2021年9月30日、Micoworks株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud(ミコクラウド)」を提供しています。 LINEを軸…
IoTホテルなど展開の「and factory」と不動産テックの「スマサポ」が業務提携
and factory株式会社は、株式会社スマサポと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 and factoryは、エンターテイメント、宿泊、ヘルスケアなど様々な領域でスマートフォンの事業可能…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ