「バカン」がオフィス向けコミュニケーション促進サービス「Keeple」をリリース

tips

2022年2月4日、株式会社バカンは、東日本電信電話株式会社との共同検討による新サービス「Keeple(キープル)」の提供を開始することを発表しました。

「Keeple」は、オフィス向けコミュニケーション促進サービスです。

スマートフォンからオフィス内の空いている席を検索・予約できる他、オフィス内のコミュニケーションを促進するため、社員の位置検索機能を備えています。

位置検索機能で探したい社員の名前を検索することで、利用している席を見つけることができます。

各デスクの利用状況を可視化するため、席の配置や動線設計の見直しを行うことができます。

NTT東日本と連携し、「Keeple」をNTT東日本本社オフィスの執務スペース約300席にサービスを展開します。

これにより、テレワークとオフィス勤務のハイブリット勤務需要に対応した新しいオフィス形態の提案と従業員の利便性向上を目指すとともに、さらなるコミュニケーションの誘発に向けた機能ブラッシュアップを実施します。

バカンは他に、人やモノの混雑・空きデータを取得・解析して様々な機能を提供するプラットフォーム「VACAN」を提供しています。

働き方改革や新型コロナによるコミュニケーションの課題から、フリーアドレスを採用するオフィスが増えています。

フリーアドレスオフィスとは、オフィス内に決められた席がなく、自分の好きな席を選んで仕事ができるという環境のオフィスです。

フリーアドレスにする一番の目的は、社内のコミュニケーションを促進することです。

仕事をする場所が固定されていないため、たまたま隣に座った社員と喋ったり、コミュニケーションを行いたい社員の近くに座ることができます。

しかしオフィス全体のマネジメントが難しいため、社員によってはいつも同じ場所に座ったりなど、場所が固定化してしまうこともあります。

そうなると本来の目的を果たせないことになってしまうため、フリーアドレスオフィスの運営では管理が重要な要素のひとつなのです。

「Keeple」は、フリーアドレスオフィスにおいて、空席情報を可視化することでマネジメントを効率化するサービスです。

その他にも社員のコミュニケーションを促進する機能を備えており、ニューノーマル時代のオフィスの運営を支援しています。

起業の際にはオフィスが必要となります。賃貸オフィスを契約するのも良いですがコストがかかるため、創業期はシェアオフィスなどのオフィスも選択肢に入れると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Keeple NTT東日本 オフィス キープル コミュニケーション バカン 分析 新サービス 東日本電信電話 株式会社 混雑予測 空席
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

韓国発ゴルフウェアのコミュニティ型EC「SOMUA CLUB」がリリース
2022年3月7日、株式会社ICBREAKは、「SOMUA CLUB(ソムアクラブ)」を正式リリースしたことを発表しました。 「SOMUA CLUB」は、韓国ゴルフウェアのコミュニティ型ECです。 コ…
「LeadX」が6,000万円調達 中小部品メーカー向け見積支援システム「匠フォース」を正式リリース
2022年9月6日、株式会社LeadXは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、中小部品メーカー向け見積支援システム「匠フォース」を正式リリースしたことも併せて発表していま…
D2Cコスメ・ブランドや美容メディア展開の「DINETTE」が3億円調達
2020年5月7日、DINETTE株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 コスメ・プライベート・ブランド「PHOEBE BEAUTY UP(フィービービューティーアップ)」や…
認証・閉域化・通信制御を一元管理するクラウドプラットフォームを提供する「closip」が資金調達
2022年9月12日、株式会社closipは、アセンテック株式会社に対して第三者割当増資を実施したことを発表しました。 closipは、独自のネットワーク技術「LTE over IP(LTE 仮想化技…
製造業向け生産計画自動立案システム「最適ワークス」を提供する「スカイディスク」が資金調達 「西日本シティ銀行」と業務提携
2023年2月13日、株式会社スカイディスクは、株式会社西日本シティ銀行の子会社である株式会社NCBベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資を実施したことを発表しました。 また、西日本シティ銀…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】