「バカン」がオフィス向けコミュニケーション促進サービス「Keeple」をリリース

tips

2022年2月4日、株式会社バカンは、東日本電信電話株式会社との共同検討による新サービス「Keeple(キープル)」の提供を開始することを発表しました。

「Keeple」は、オフィス向けコミュニケーション促進サービスです。

スマートフォンからオフィス内の空いている席を検索・予約できる他、オフィス内のコミュニケーションを促進するため、社員の位置検索機能を備えています。

位置検索機能で探したい社員の名前を検索することで、利用している席を見つけることができます。

各デスクの利用状況を可視化するため、席の配置や動線設計の見直しを行うことができます。

NTT東日本と連携し、「Keeple」をNTT東日本本社オフィスの執務スペース約300席にサービスを展開します。

これにより、テレワークとオフィス勤務のハイブリット勤務需要に対応した新しいオフィス形態の提案と従業員の利便性向上を目指すとともに、さらなるコミュニケーションの誘発に向けた機能ブラッシュアップを実施します。

バカンは他に、人やモノの混雑・空きデータを取得・解析して様々な機能を提供するプラットフォーム「VACAN」を提供しています。

働き方改革や新型コロナによるコミュニケーションの課題から、フリーアドレスを採用するオフィスが増えています。

フリーアドレスオフィスとは、オフィス内に決められた席がなく、自分の好きな席を選んで仕事ができるという環境のオフィスです。

フリーアドレスにする一番の目的は、社内のコミュニケーションを促進することです。

仕事をする場所が固定されていないため、たまたま隣に座った社員と喋ったり、コミュニケーションを行いたい社員の近くに座ることができます。

しかしオフィス全体のマネジメントが難しいため、社員によってはいつも同じ場所に座ったりなど、場所が固定化してしまうこともあります。

そうなると本来の目的を果たせないことになってしまうため、フリーアドレスオフィスの運営では管理が重要な要素のひとつなのです。

「Keeple」は、フリーアドレスオフィスにおいて、空席情報を可視化することでマネジメントを効率化するサービスです。

その他にも社員のコミュニケーションを促進する機能を備えており、ニューノーマル時代のオフィスの運営を支援しています。

起業の際にはオフィスが必要となります。賃貸オフィスを契約するのも良いですがコストがかかるため、創業期はシェアオフィスなどのオフィスも選択肢に入れると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Keeple NTT東日本 オフィス キープル コミュニケーション バカン 分析 新サービス 東日本電信電話 株式会社 混雑予測 空席
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマート猫トイレ「toletta」提供の「ハチたま」が1億円調達
2020年5月19日、株式会社ハチたまは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマート猫トイレ「toletta(トレッタ)」を開発・提供しています。 泌尿器疾患にかかりやすい猫のために…
AIを活用したトラベル・サービス運営の「atta」が3億円調達
2020年1月8日、株式会社attaは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta(あった)」を運営しています。 218カ国のホテル・旅館・民…
街のパン屋の取り置きアプリ「sacri(サクリ)」がローンチ
2020年10月26日、株式会社sacriは、「sacri(サクリ)」を2020年10月26日(月)に正式版としてローンチしたことを発表しました。 「sacri」は、街のパン屋の商品を事前決済・取り置…
プレスリリース配信「PR TIMES」とクラウドファンディングの「CAMPFIRE」が業務提携
2019年8月29日、株式会社PR TIMESは、株式会社CAMPFIREと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、、2019年8月29日(木)から、CAMPFIREが運営するクラウ…
現代アートのECサイト運営の「TRiCERA」が1.15億円調達
2021年2月3日、株式会社TRiCERAは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 現代アートのECサイト「TRiCERA.NET」や、ワン・ストップ・サービス型アート・スペ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ