中小企業の生産性向上を支援する「業務改善助成金」 8月から要件緩和・拡充

change

厚生労働省は「業務改善助成金」について、2021年8月から特例的な要件緩和・拡充を行うと発表しました。

「業務改善助成金」は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための助成金です。

生産性向上のための設備(機械設備、POSシステムなどの導入)などを行い、最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その費用の一部を助成します。

「生産性向上に資する設備・機器の導入例」
・POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
・リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
・顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化
・専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上 など

7月14日、中央最低賃金審議会の小委員会は、2021年度の最低賃金を時給930円にすると決定しました。

大きな引き上げとなり、新型コロナウイルスの影響もあるため、中小企業にとっては厳しい方針かもしれません。

しかし政府はそれを理解しているため、最低賃金引き上げにつながる生産性向上の取り組みに対し支援を行うようです。

生産性の向上は、これからの時代を生き抜いていくために必須の取り組みでもあるため、この機会を上手く活用するとよいでしょう。

創業期はなにも導入されていない状態であるため、自社の使いやすいように最新のシステムを導入することができます。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

また創業手帳別冊版「補助金ガイド」にて、起業家や経営者にとって使える補助金や助成金情報をお届けしています。小規模事業者持続化補助金やキャリアアップ助成金の変更点など新たに記載。こちらも無料でお届けします。あわせてご活用ください。

関連記事
個人事業主のための助成金を紹介。審査通過のコツ
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 制度改正
関連タグ 中小企業 助成金 効率化 支援 業務改善助成金 生産性向上 補助金
詳細はこちら

[2]業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

制度改正の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Candee」と「クレプシードラ」が協業 空間音響を用いた動画制作・ライブ配信支援を開始
2021年7月19日、株式会社Candeeは、クレプシードラ株式会社と業務提携を行うことを発表しました。 Candeeは、ライブ配信・動画制作事業や、ライブ配信・動画制作を中心としたデジタルマーケティ…
「つくろい東京ファンド」がオンラインで生活保護申請書作成できるWebサービス「フミダン」をリリース
2020年12月15日、一般社団法人つくろい東京ファンドは、「フミダン」を2020年12月15日にリリースしたことを発表しました。 「フミダン」は、オンラインで生活保護申請書類を簡単に作成できるWeb…
WAOJE会員向け「WAOJE海外進出支援基金」が本格始動
2020年1月30日、一般社団法人WAOJEは、「WAOJE海外進出支援基金」を本格始動させることを発表しました。 WAOJEは、日本を拠点に、日本・海外における会員の相互支援や、会員間交流、その他会…
農業×AIによる農業支援と青果卸売事業展開の「Happy Quality」が資金調達
2020年10月20日、株式会社Happy Qualityは、資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグデータ・AI・光学センサなどを活用した高品質・高単価なメロン・トマトの生産や、青果卸売事業を…
WebサイトのUI自動検証ツール「ISSO」提供の「ネモフィラ」が資金調達
2022年3月18日、株式会社ネモフィラは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、パイプドHD株式会社です。 ネモフィラは、WebサイトのUI自動検証ツール「ISSO」や、Webイン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ