「第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」でナレッジ共有ツール「Qast」が「新型コロナ対応賞」を受賞

tips

2020年12月1日、any株式会社は、2020年11月17日に開催された「第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」において、「Qast」が「新型コロナ対応賞」を受賞したことを発表しました。

「Qast(キャスト)」は、社内の属人化を防ぐナレッジ共有ツールです。

Q&A形式とwiki形式により、社内のナレッジを1カ所に蓄積し、簡単に検索できるようにする情報共有ツールです。

これにより、同じ質問の発生や、ノウハウ・ナレッジの属人化などの課題を解決することができます。

「第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」は、NPO等が取り組む社会課題解決のための事業や活動を支えるICTサービスを表彰するものです。

「新型コロナ対応賞」は、新型コロナウイルス感染症の流行により、テレワークが必要となった企業などに社内コミュニケーションのあり方を改善するICTサービスに与えられる賞です。

ナレッジの共有ができていないと、ノウハウを持っていた人が退職した場合にノウハウが失われてしまったり、過去に行った仕事なのにまた新しく調べ直して仕事をしてしまう、重要な情報を必要な時に探すことができない、テレワーク環境で上手く情報共有ができない、などの課題が発生します。

これらの課題は、業務の進捗を遅らせるだけで、即座に大きな支障をきたすわけではありません。しかし経営を進めていくうちに行えるはずの業務効率の改善が行えないことになってしまうため、企業の成長スピードが遅くなってしまうでしょう。

今後、働き方改革により様々な人材との協働を行うことも増えていくことが考えられます。ナレッジ共有の環境を整備しておくことで、時代の変化にも対応することができるはずです。

創業期はまっさらな状態からはじまります。そのため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ any ICT Qast キャスト ツール ナレッジ 共有 株式会社 第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「凸版印刷」が法人向けの電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい」をリリース
2020年6月30日、凸版印刷株式会社は、「えほんほーだい」の提供を2020年6月から開始したことを発表しました。 「えほんほーだい」は、法人・企業が運営する店舗や施設のWi-Fi経由で電子絵本・児童…
不正検知サービス提供の「かっこ」がデータ分析サービス「さきがけKPI」の提供を開始
2020年10月21日、かっこ株式会社は、「さきがけKPI」の提供を開始したことを発表しました。 かっこは、統計学や、数学、機械学習などの技術を活用し、不正検知やデータ・サイエンス・サービスなどを提供…
ホテル&レジデンス・ブランドの「Sanu」が1億円調達
2020年8月7日、株式会社Sanuは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ホテル&レジデンス・ブランド「SANU」を展開しています。 第1弾のサービスとして、「SANU 2nd Ho…
AIを活用したトラベル・サービス運営の「atta」が3億円調達
2020年1月8日、株式会社attaは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta(あった)」を運営しています。 218カ国のホテル・旅館・民…
外科医療手術支援AIシステム「人体の地図(Precision Mapping)」開発の「アナウト」が資金調達
2020年12月15日、アナウト株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Beyond Next Ventures株式会社です。 外科医療手術支援AIシステム「人体の地図(Prec…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ