“匂い”のAI・IoTソリューション提供の「レボーン」が資金調達

2020年10月7日、株式会社レボーンは、資金調達を実施したことを発表しました。

独自の技術で開発した匂いセンサーとAIにより、匂いの可視化や、官能評価の単一化など、様々な“匂い”ソリューションの提供や、システム・AI・IoTの受託開発などを展開しています。

今回の資金は、事業拡大に伴う人材の獲得などに充当されます。

世界中の香りのデータを使用し、嗅覚の領域に新しい定義を築き上げ、新たな産業の立ち上げを目指しています。

匂いを最初に処理する場所は“嗅球”で、この場所は感情・記憶に強く関与している脳の領域である“扁桃体”と“海馬”につながっています。嗅覚以外の感覚の情報は脳のこの領域を通っておらず、嗅覚は、もっとも感情・記憶と関係している感覚だと言われています。

そのため強い記憶を残したり、ふとしたときに想起してもらうマーケティング手法として匂いが注目を集めています。たとえばリゾート・ホテルでは、専用のアロマを調香してもらい、ロビーやシャンプーなどで使用したりしています。

しかし匂い・香りの領域は、主に属人的なものとなっています。そのため匂いの可視化やデータの蓄積が実現できると、マーケティングにおいても活用が進んでいくでしょう。

最先端の技術の開発には資金調達が必要不可欠です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、創業期の資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI IoT ソリューション レボーン 匂い 株式会社 資金調達 香り

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ