注目のスタートアップ

「Chatwork」がプロのアドバイザーにHP制作や動画制作を相談できるサービス「幹事」シリーズを提供する「ユーティル」に出資

company

2023年6月21日、Chatwork株式会社は、株式会社ユーティルに出資したことを発表しました。

Chatworkは、ビジネスチャット「Chatwork」を展開しています。2022年に組成したコーポレートベンチャーキャピタル「Chatworkスーパーアプリファンド」を通じ、Chatworkとの事業シナジーのある企業への出資を行っています。

ユーティルは、ホームページ・Web制作に関する相談サイト「Web幹事」、動画・映像制作に関する相談サイト「動画幹事」、システム・アプリ制作に関する相談サイト「システム幹事」、LPデザインの事例サイト「LP幹事」、ECデザインの事例サイト「EC幹事」を展開しています。

単なる一括見積もりサービスではなく、依頼前の予算の取り方や要件の決め方を専門家に相談して整理でき、専門家の支援によって最適な制作会社などを選ぶことができます。

ユーティルは、2022年4月にChatworkと株式会社ショーケースの共同で開催された「Chatwork Collab Pitch」で、グランプリに選ばれています。


総務省が公表している「令和4年版情報通信白書」によると、インターネットの利用時間は全世代において年々伸びており、反対にテレビ・新聞の利用時間は年々減少を続けていることがわかります。

具体的な数値としては、2021年の全年代のインターネットの平均利用時間(平日)は176.8分で、テレビの平均視聴時間は146.0分となっています。つまりインターネットの利用時間はテレビを上回っているということになります。

また2021年には、インターネット広告費がマスコミ四媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費を初めて上回りました。

こうしたデータから、インターネットは現在もっとも影響力のあるメディアであるといえるでしょう。

こうした背景から、Webマーケティングの重要性も年々高まっています。

一方、小規模事業者や中小企業は、インターネットに関する知見がないことも多く、最適な施策を実施できないという課題を抱えています。

HP制作や、動画を活用したマーケティングは、ありとあらゆる企業にとって重要なものとなっており、小規模事業者や中小企業においてもそうした流れに乗って実施している施策もみられます。

しかし前述の通り知見不足によって効果的な施策ができていない企業も多く、この課題解決が求められます。

ユーティルはこうした課題を解決するため、HP制作や動画制作を業者に依頼する際に、プロのアドバイザーに相談できるサービス「幹事」シリーズを提供しています。

LPや企業のWebサイトは、顧客への情報提供や信頼性の確保のために重要な存在です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

また、大規模なマーケティングの実施には資金調達も必要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Chatwork HP アドバイザー アプリ サービス システム プロ ユーティル 出資 制作 動画 動画制作 映像 株式会社 比較検討 相談
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

Z世代を研究対象としたシンクタンク組織「Z総研」の運営やインフルエンサーマーケティン事業を手がける「N.D.Promotion」が1.65億円調達
2023年6月9日、株式会社N.D.Promotionは、総額1億6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 N.D.Promotionは、Z世代を中心とした、芸能プロダクション事業、メデ…
ストレス可視化サービス「マインドスケール」を提供する「Yume Cloud Japan」が5,000万円調達
2022年12月27日、株式会社Yume Cloud Japanは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Yume Cloud Japanは、ストレス可視化サービス「マインドス…
GPU専用データセンターを運営する「ハイレゾ」が7,000万円調達
2024年2月5日、株式会社ハイレゾは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハイレゾは、GPUデータセンターの運営、GPUクラウドサービス「GPUSOROBAN」の提供、広告事…
電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL」など提供の「ventus」が2.75億円調達
2021年12月20日、株式会社ventusは、総額2億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL(オリカル)」など、スポーツ・エンタメ領域…
社内IT環境構築支援サービス「シスクル シェアリング」を提供する「DXER」が1.4億円調達
2022年6月9日、DXER株式会社は、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 DXERは、高い専門知識や知見を持つSaaSOpsな情シス人材をアドバイザリーに、社内IT環境…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】