注目のスタートアップ

アート専門のWebマガジンなどを運営する「KAMADO」が資金調達

company

2022年9月28日、株式会社KAMADOは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、スタートアップスタジオの株式会社ガイアックスです。

KAMADOは、アート専門のWebマガジンの運営や、独自ガントチャートによるおすすめの展覧会・展示情報の発信、アート作品・プレゼントがもらえるかもしれない抽選サービス「KUJI」、アーティストを支援できるメッセージ購読サービス「FUMI」、クリエイターなどとつながれるコミュニティイベント「かまめし会」などを展開しています。

今回の資金は、さらなる事業拡大に充当します。

2021年の日本のアート産業市場は2,781億円と推計されています。また、アート作品が直接関わる美術品市場は2,186億円となっています(※1)。世界のアート市場は7兆円~8兆円の規模であるため、国内アート市場はまだ発展途上であるといわれています。

一方、彫刻家・画家・工芸美術家の人口は年々増加しており、1985年には約2.6万人だったものが、2015年には約4万人となっています。

近年は、実業家・起業家が現代アートを購入することがトレンドとなったり、地方自治体が地方創生のために現代アートを活用したりなど、アートの注目も高まってきています。

また、多くのプロダクト・サービスにおいても市場が成熟しており機能性などでの差別化が難しくなっているなか、アートはこれまでにない新たな体験や視点を提供するものとしても活用されています。

しかしそれでも作品制作で食べていける芸術家は少なく、今後アート市場を盛り上げ、より多くの芸術家が活躍できる環境をどう構築していくかが重要となっています。

KAMADOは、アート専門のWebマガジンの運営や、企業とアーティストをつなぐ取り組み、アーティストをカジュアルに応援できる「FUMI」、アートのオープン抽選「KUJI」などにより、より多くの人に向け、アーティストや作品と関わる機会を創出しています。

スタートアップの事業拡大には戦略的な資金調達やVCなどからの支援が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

(※1)出所)「日本のアート産業に関する市場調査2021」エートーキョー(株)、(一社)芸術と創造​

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FUMI KAMADO KUJI Webマガジン アーティスト アート カルチャー メディア 展覧会 支援 文化 株式会社 芸術 芸術家 記事 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

遠隔心臓リハビリテーション・システム開発の「リモハブ」が8,000万円調達
2020年4月1日、株式会社リモハブは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年1月20日には、総額2億7,000万円の資金調達を実施を発表しています。 遠隔心臓リハビリ…
音声対話型AI「ディライト アシスタント」を展開する「ディライト」が資金調達
2022年10月27日、株式会社ディライトは、資金調達を実施したことを発表しました。 ディライトは、音声対話型AI「ディライト アシスタント」を開発・提供しています。 コールセンター業務においてAIが…
葬儀周辺サービス提供の「よりそう」が20億円調達
2019年9月2日、株式会社よりそうは、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 一律プランの葬儀サービス「よりそうのお葬式」や、僧侶手配サービス「お坊さん便」を提供しています。 今回の資…
EC購買データプラットフォームなど展開の「マインディア」が5億円調達
2022年5月31日、株式会社マインディアは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マインディアは、定性インサイトデータ蓄積プラットフォーム「Mineds for Insight Da…
「Creww」が「CAMPFIRE」の仲間集めプラットフォーム「TOMOSHIBI」を譲受
2020年12月22日、Creww株式会社は、株式会社CAMPFIREが運営する「TOMOSHIBI」を譲り受けることを発表しました。 また、「TOMOSHIBI」は、Crewwが運営するインキュベー…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ