クラウド郵便管理サービス「atena」提供の「N-Technologies」が2,500万円調達

2020年9月14日、株式会社N-Technologiesは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

これは、Coral Capitalを引受先としたJ-KISS型新株予約権方式によるものです。

N-Technologiesは、クラウド郵便管理サービス「atena(アテナ)」を提供しています。

クラウド住所を発行することで、郵便物の受け取りや、管理、スキャニング、不要な郵便物の処理などの手間のかかる作業をすべてシステムで一元管理することができます。

これにより、郵便物のための出社や、請求書の取りこぼし、紙のデータ化などの課題を解決することができます。

9月14日から、組織管理機能などの法人向け機能を拡張し、リニューアル・スタートします。

今回の資金は、セキュリティや機能の拡充などに充当されます。

株式会社エイトレッドが運営する「ワークフロー総研」の調査(東京にあるテレワーク導入企業で働く総務・人事・経営管理・IT事業部322名を対象)によると、緊急事態宣言中に「完全にリモートワークだった」総務は1.6%と非常に低い数値となりました。

リモートワーク期間に総務が出社した理由としては、「郵便物の対応」が79.7%でトップとなっています。

つまり、リモートワークの普及のためには、企業に届く郵便物に関するサービスの充実が必須といえるでしょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、人事・労務の仕組みの整備方法など、総務で必要となるノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ atena Coral Capital N-Technologies アテナ クラウド サービス 株式会社 管理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ