「4loops」がアイデアを140字で投稿することで買取や出資を受けられるフリマ・アプリ「IDEA」をリリース

2020年8月14日、株式会社4loopsは、「IDEA(アイデア)」のリリースを発表しました。

「IDEA」は、140字以内でアイデアのつぶやきを投稿することで、買取や出資を受けられるスマートフォン・アプリです。

アイデアについた“いいね”は、1いいね1円で換金することや、企業が投稿したお題にアイデアを寄稿することで報酬を得ることもできます。

プロダクト開発に携わっていない人でも、日常のふとしたことから良いアイデアを思いつくことがあります。たとえば、主婦のアイデアが商品化され大ヒットしたというケースはいくつもあります。

しかし企業の募集やアイデア・コンテストはフォーマットがあったり、詳しく書かなくては採用されづらいなどのハードルがあります。

SNSのように気軽にアイデアを出せ、買取や出資が受けられるプラットフォームは、大きなイノベーションの礎となるかもしれません。

起業においてはアイデアは非常に重要です。「冊子版創業手帳」では、先輩起業家のインタビューを多数掲載しています。先人がどのようにアイデアを思いつき、事業化していったのかを知ることは、自身の起業に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 4loops IDEA SNS アイデア 出資 株式会社 買取

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ